ハルジオンとヒメジョオンの見分け方


 

ハルジオンとヒメジョオンは、同じキク科ムカシヨモギ属の花でよく似ていて区別が難しく感じられる。
ハルジオンは花期が4~5月、ヒメジョオンは5~8月とズレているので、一緒に咲いているところを見かけることはあまりないが、いつの間にか入れ替わったかのようになっているので、ヒメジョオンをハルジオンがそのまま咲き続けていると錯覚してしまうことがあった。



そこで今回は花の見分けにトライしてみたい。
次の6枚の写真は「ハル」と「ヒメ」を交互に写しているので比較してみて頂きたい。

  

f0377679_20252197.jpg

 

f0377679_20252273.jpg

 

f0377679_20252206.jpg

 

f0377679_20252357.jpg

 

f0377679_20252345.jpg

 

f0377679_20252370.jpg

 
 





 
 
茎や葉の違いで区別することもできるが、歩いていて見かけた時に、一瞥して判らなければあまり価値がないように思える。
花びらだけで見分ける唯一の方法は花弁の幅(太さ)のようだ。
ハルジオンは糸のように細く、その分枚数が多めになっている。
ヒメジョオンも細いが、花弁としてのギリギリの幅はあるし、比べると確かに太い。
こうして並べて比べるとよくわかるが、現場で1種類だけが群生していると、確信が持てなくなることがある。
写真判定に持ち込むのも一手かもしれない。
下の写真は、左がハルジオンで、右がヒメジョオン。
白一色はヒメの方で、ピンク色もあるのがハル。
 
  



f0377679_20252479.jpg

 
 
 
 
 
 
 
[PR]
by giovannibandw | 2013-07-07 23:16 | 草花 | Comments(0)
写真はイメージの多面体  身近なシーンの新たなインプレッション

by Lucian
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30