ウミネコのヒナ2015 ショート動画編


 
 

ウミネコの卵の中でクチバシが動いているのがあった。
あとどれくらいで殻を破って出てくるのだろうか。
この日のうちにでも…、というのはちょっと無理かと思われた。
やがて、親鳥はまた抱いて温め始めたので見えなくなってしまった。

 
 

 
 
 

親がヒナに食べ物を与えるには、のどに保管した餌を吐き出して口移しで食べさせる。
半分消化しかけて柔らかくなっているので、ヒナには食べやすい。
速くて見えにくいので、2倍のスローにしている。

 
 

 
 
 

親の羽根の間から顔を出す子もいた。
卵の中にいた記憶がまだ残っているのだろうか。
  

 
[PR]
by giovannibandw | 2015-06-09 16:29 | 野鳥 | Comments(0)
写真はイメージの多面体  身近なシーンの新たなインプレッション

by Lucian
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30