電線宙乗り作業


 

送電線にぶら下がって作業をすることを、業界用語で「宙乗り」と呼ぶらしい。
一般的な名前としては、歌舞伎やサーカスの宙吊りのことを指す。
 
車で走っていて偶然見かけた時、この光景は何をやっているのかさっぱり見当がつかなかった。

 

f0377679_20303204.jpg

 
 

建築現場での高所作業は見慣れているが、これは次元が違うと感じた。
望遠で引っぱっているので低く見えるかもしれないが、
普通の電柱の電線とは違ってそれなりの高さはある。



最初は電線の点検か清掃ではないかと想像したが、どうやら違うようだった。
何かの部品を一定の間隔で取り付けていたからである。
 
 
 

f0377679_20303297.jpg

 

f0377679_20303221.jpg

 
 

正解は、「難着雪リング」と「捻じれ防止カウンタウエイト」の取付け作業だった。
リングは電線に積もった雪がくっついて大きな塊になって落ちるのを防ぐためであり、
ウエイトは雪の重みでねじれるのを防ぐためである。
 
詳しい解説はこちら。
http://www015.upp.so-net.ne.jp/overhead-TML/chousa.html 

 
 

 


 
 

 
[PR]
by giovannibandw | 2015-06-17 19:35 | スナップ | Comments(0)
写真はイメージの多面体  身近なシーンの新たなインプレッション

by Lucian
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31