セミフィッシュアイレンズ試用記


 

オリンパス製でマイクロフォーサーズ規格のボディーキャップレンズ、 BCL-0980を使ってみた。
焦点距離9ミリなので、35ミリ換算18ミリの超広角になり、画角は140度。
歪みを補正していないので魚眼のような描写になるので、フィッシュアイと名前がついているのだろう。
画角的にはフィッシュアイというより超広角である。
ボディーキャップレンズというだけに絞りはF8固定。
フォーカスは「∞」、「スナップ」、「20cm」の3か所に手動で合わせる簡易なものだった。
価格はAmazonで7981円だった。
     



f0377679_20325075.jpg

 
 

180度の実際のフィッシュアイよりは狭く写るものの、視野に入るものがほぼ全部写るように感じられる。
この強烈な歪みを嫌いでなくて、うまく活用できる人には面白いレンズになるようだ。
本格的なフィッシュアイレンズは高価なので気軽には手を出しにくいが、これなら試してみやすいかもしれない。
 



f0377679_20325092.jpg

 
 

この丸い歪みはカメラの角度によって変えられる。
水平線や地平線を画面の上の方に持ってくると、樽型(凸)に歪む。
 



f0377679_20325090.jpg

 
 

画面の真ん中にすると真っ直ぐになって、普通の超広角レンズと同じになる。
  



f0377679_20325189.jpg

 
 
そして下側に水平線がくると、糸巻き型(凹)の歪みになってしまう。
 

f0377679_20325175.jpg

 
 
画面の中央から放射状にラインがある場合にも歪みがなくなる。
 

f0377679_20325139.jpg

 

f0377679_20325168.jpg

 

f0377679_20325117.jpg

 
 
でもこの歪みがフィッシュアイレンズの持ち味でもあるので、
積極的に生かしたほうが楽しめると思う。
 

f0377679_20325231.jpg

 

f0377679_20325258.jpg

 

f0377679_20325267.jpg

 

f0377679_20325320.jpg

 

f0377679_20325344.jpg

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

[PR]
by giovannibandw | 2016-01-14 19:58 | 風景 | Comments(0)
写真はイメージの多面体  身近なシーンの新たなインプレッション

by Lucian
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30