風紋

砂場に風紋ができていた。
模様にいくつかのバリエーションがあるようにも見えた。
缶コーヒーを持参して、「すなば珈琲」を想像してみた。
鳥取にはまだ行ったことがない。
 
追記:9/28
最後から2枚目と3枚目は、紋が二重になっている。
このメカニズムについて考察してみたい。
風紋が発生するのは、風速4~9mで砂が乾いている状態の時だ。
紋の間隔は風速に比例することから、始めに風速9m付近の強風で大きめの風紋ができ、
その後で風速4m前後の弱い風で小さな紋が、上書きするように刻み込まれたと推測できる。



 



f0377679_20352656.jpg

 

f0377679_20352778.jpg

 

f0377679_20352731.jpg

 

f0377679_20352882.jpg



 
 
f0377679_20352834.jpg



 
 
f0377679_20352918.jpg



 
 
f0377679_20353019.jpg



 
 
f0377679_20353062.jpg



  
 
 

[PR]
Commented by yuta at 2016-09-25 14:25 x
こんにちは
いろいろな文様があっておもしろいですね
すなばコーヒーおいしそうです(o^-^o)

Commented by Lucian at 2016-09-25 17:30 x
yutaさん、こんにちは。
別の日には違う文様ができているかもしれません。
風景は一期一会ですね。
砂のフィルターで淹れたコーヒーはいかがでしょうか。

Commented by esiko at 2016-09-25 21:17 x
こんばんは。
すなばコーヒー・・・座布団10枚差し上げます!
ほんと、たまに可笑しいこと言いますよね、真面目なLucianさんが。

岩手の砂浜でこういう風紋ができるだなんて、驚きました。
バリエーションがあることも。
最低条件として、流木やゴミの無い浜辺ですよね。
気仙沼でも見られるかなあ・・・なんて画策中です。
あまりに最近出不精なので、思い切って行ってみようかな。


Commented by Lucian at 2016-09-25 21:54 x
esikoさん、こんばんは。
どこの砂場でも風が吹くと風紋はできると思います。
風化して崩れる前のきれいな状態と出遭うかどうかはタイミングの問題です。
海岸の街に行ったときはぜひ立ち寄ってみてください。
綺麗な貝殻などを探しながら歩くと楽しみが増えます。


Commented by いちご at 2016-09-27 13:23 x
こんにちは。
すなば珈琲!まだ行った事がないのですが、ずいぶん話題になりましたよね!
鳥取県って自虐ネタで話題でしたね!
鳥取砂丘には何度か行った事がありますけど
夏場に行って砂の上を歩いて火傷のようになった事があります。
でもとっても綺麗でした(*^_^*)
風紋・・・風で出来る自然の美しさですね!
私も見に行ってみようかな!

Commented by Lucian at 2016-09-27 21:37 x
いちごさん、こんばんは。
すなば珈琲は有名になって人気が出ているようですね。
風紋は、ある一定の風速があって砂が乾いている時にだけできるようです。
風速の微妙な違いで、文様に変化ができるんですね。
自然の絶妙なアートといえますね。

Commented by 亀三郎 at 2016-09-28 11:24 x

最後の写真が 火星で発見された宇宙人の集団に見えた わたし、、、
ちょっと 病んでるかも、、、ですね (;´・ω・)(;´・ω・)
宇宙人って
いる?
NASA?から
重大発表があるとか、、、、数日前にテレビで
ちらりと見たような??

わたしは

なんか

いるような気がするんですが


Commented by ペンタスキー at 2016-09-28 15:14 x
こんにちは。
美しい風紋ですね。
風紋って見たことないので、
何だか幻想的な雰囲気に感じます。

最後の写真、私はウミガメの赤ちゃんが、
孵化した後に集団で海に向かう姿に見えました!(笑)


Commented by Lucian at 2016-09-28 19:05 x
亀三郎さん、こんばんは。
火星にはモグラ(ネズミ?)や小鳥、トカゲまでいるので、
人型の火星人がいても不思議はないですね(笑)
http://familiarsight.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/post-3a4d.html
 
人が火星に行くのはよいとして、そこまでの期間、放射線の被曝に耐えられるかが問題ですね。
理論上は、月まで行く間に黒こげになってしまう計算になります。
アポロ飛行士たちは、サイボーグかターミネーターだったのかもしれません。

Commented by Lucian at 2016-09-28 19:15 x
ペンタスキーさん、こんばんは。
紋の間隔は風速に比例するそうです。
不規則な模様は風と砂粒のゆらぎと考えれば、
自然が描くアートになります。
最後の写真は、ロールシャッハテストみたいになってますね。
十人十色のイメージになるようです。

Commented by Cakeater at 2016-09-28 20:57 x
有楽町交通会館前のガード下スターバックスには朝30分くらい時々腰かけてます。目の前を交番が視界をふさいでいて、野暮ったいのなんの。よほど砂馬韓コーヒーの方が風流ですね。
スタバのはちみつがとろりとしていて、朝の忙しいときにはスピーディーでいいのも気にいってます。高田馬場のニューヨークカフェのハチミツときたら気温20度のココナツオイルなみで、昼休みの忙しいときにじりじりしちゃいます。
砂の風紋は、規模の小さいのを房総の浜伝い歩きしてたころに見たことがありますが、カメラ持ってからは一度も出くわしておりませぬ。ほんとLucianさんいいとこにお住まいですねえ。

Commented by Lucian at 2016-09-28 21:52 x
Cakeaterさん、こんばんは。
スタバは遠いので滅多に行きません。それに自分には場違いな感じもしないでもないです。
砂場は近くにあるので普通の景色だと思っていましたが、珍しいものだったんですね。
風がない期間は風紋ができないので、いつでもあるというわけでもないのですが。
ここは夏は海水浴客が来て、サーファーは年中いるところです。



Commented by iwamoto at 2016-09-29 09:19 x
何と美しい。
アンダーなトーンがひと際冴えますね。

静岡県で砂丘に行ったことがありますが、もう、暑くて暑くて。

わたしが砂丘を撮ったら、やっぱりこんな感じでしょうね。

本文、最後から2行目ですが、
「感覚」は「間隔」の方が理解しやすいですが、わたしはどちらでも良いです。


Commented by Lucian at 2016-09-29 19:44 x
iwamotoさん、こんばんは。
アンダーなトーンになったのは、砂の反射率が18%グレーよりも明るかったので、
カメラが暗めの露出にしたのでしょう。画像は特に弄っていません。
結果的にはよい効果が得られたということですね。
実際の色はもっと灰色に近かったような気がしますが、これはこれでいいと思います。
 
誤字は訂正しておきました。この場合は「間隔」でないと意味が通じませんね。
一つご意見を伺いたい件があります。
中学の数学の授業の時でした。
先生が黒板に数式とその説明文を書いていた時のことです。
ある生徒が、「先生、漢字が間違っています。」と言いました。
すると先生は、振り向きもせずに、「今は国語の時間じゃない!」と一喝しました。
先生は数学がご専門だったので、数学的思考に集中されたかったと理解できます。
でも、誤りを指摘した生徒も間違ったことを言ったわけでもないと思います。
これは今でもジャッジできない事件として記憶に鮮明に残っているのです。

Commented by iwamoto at 2016-09-29 22:20 x
それは、生徒さんの意見を取り入れて訂正するのが良いでしょう。
具体例を見ないと判断は難しいですが、それと、過去のこの両者の関係など、ですね。
でも、先生が謝っていれば、その生徒さんはすくすくと成長したことでしょう。
褒めるってことは、とても大事なことです。

ただ、個人的には、漢字は漢の文字、漢の言葉。
わたしには記号でしかないですけど、その形態の美しさには敬服しています。
ということで、書き順などは気にしたことがないです。

Commented by Lucian at 2016-09-29 22:49 x
iwamotoさん、ありがとうございます。
その数学の先生は、数学の授業については県内でトップレベルの実力で、
若手の数学教師が授業を見学にくるほどでした。
それだけ数学の授業に集中されていたのでしょう。
小学校のようにオールマイティな対応ができなかったのかもしれません。
誰だか忘れましたが、指摘した同級生がこのことを理解してくれていることを望んでいます。


Commented by paoまま at 2016-09-30 18:26 x
なんかね、化粧品のCMに出てきそうじゃね。
ギリシャの巫女さんみたいなヒラヒラした長いロープをまとった無表情の(←ここ大事)
無表情の美女がゆっくりと歩いてゆくのです。
潤いを与える薬用ローションのCMでどうでしょうか。

鳥取砂丘は二年前にチビっとだけ見ましたが、ほんまに広い広い砂場でした。
あんな所が岩手にもあるんでしょうか。

一ノ関のルートインホテルに泊まっていたお仕事仲間は本日帰広の度についたそうな。
一ノ関にいた間ずっとお昼は味噌ラーメンを食べたらしい。
ただそちらの味噌ラーメンは広島もんからみたら味噌が甘いと言っていました。
うーん、東北地方の味噌は濃いイメージでしたが違うんかしらん。
「中には白味噌つかってるの?、と思うものもあった」とかの話を聞くと、私もとても食べてみたくなります。
うーん一ノ関話しはesikoさんの所でするべきじゃね。
書きそびれちゃったので、ついこっちで書いてしまいました。

Commented by Lucian at 2016-09-30 20:18 x
paoままさん、こんばんは。
美女で思い出しましたが、昔、この砂場に人魚が寝そべっていたことがあります。
近くに寄ってみると、砂で作った人形でした。確かに無表情でした(笑)
たぶんサーファーたちのいたずらでしょう。
 
駅名は一ノ関と書きますが、市名と高速のインターは一関と書きます。
読み方は同じです。昔、鉄道が開通した頃は、読めない人がいると困るので一ノ関にしたようです。
一関は岩手の南端、私は北端なので、200キロ以上も離れているのですよ。
だからあまり行くこともありません。
味噌ラーメンの味の濃さは店ごとに違うと思います。
東北は広いので、広島のように一つの文化圏として捉えることはできません。
北と南、西と東でも千差万別です。
一関は仙台の文化圏(伊達藩)なので、ピンポイントで比較して下さい。


by giovannibandw | 2016-09-25 13:59 | 風景 | Comments(18)
写真はイメージの多面体  身近なシーンの新たなインプレッション

by Lucian
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30