枯れた秋桜

広いコスモス畑に咲いていたコスモスは、いっせいに枯れたかのようだった。
咲き残っているものは一つもなかったが、枯れゆく花をいとおしんだ。
途切れることのない命の循環は、可視不可視を超越して存在する。
その生命エネルギーの発現に美を感じる時、「今」は永遠になる。
侘び寂びがここにあると想った。
 
枯れたコスモスたちは、来年もまた別の種から成長して咲くことを知っている。
だから安心して朽ちてゆくのだろう。

 
f0377679_22450064.jpg
 
f0377679_22451729.jpg
 
f0377679_22455964.jpg
 
f0377679_22462042.jpg
 
f0377679_22464430.jpg
 
f0377679_22470656.jpg
 
f0377679_22472338.jpg
 
f0377679_22474251.jpg
 
f0377679_22475935.jpg










[PR]
Commented by iwamoto at 2016-11-20 23:49 x
その花、自らがタネを育み根元に落ちる。
そして芽が出て四季を繰り返す。
我が家ではそのようにしています。
もちろん、全ての花がタネを作れないかもしれないし、
下に落ちても発芽に至らないものも多数。
でも、ファミリーとして生き続けますね。
遅く芽を出したものは、遅く咲きます。
Commented by ペンタスキー at 2016-11-21 11:10 x
こんにちは。
枯れた秋桜、何だか哀愁を感じますね。
でもそこここに素敵な被写体がいますね♪

下から3枚目の真ん中のとんがり帽子を被った秋桜くん、
写真を撮られて恥ずかしいのか、
エヘヘって頭をかいているように見えます!(笑)

それと最後のはイチゴに見えました♪
Commented by いちご at 2016-11-21 14:44 x
こんにちは。
風が吹いても雨が降っても力強く咲いて・・・
そして枯れて、また花を咲かせる!
何だかそういうことを考えると本当に愛おしく感じますね
コスモスって、みんなで寄り添って支え合って咲いている!そんなイメージで好きだなぁ~
Commented by giovannibandw at 2016-11-21 15:16
iwamotoさん こんにちは。
植物はファミリー全体で一つの個体のようなものでしょうか。
群や種としての意識は無意識的ながら持っているかもしれません。
そうすると意識や思考の中枢はなく、細胞全体に分散している可能性があります。
これは生命の神秘ですね。
Commented by giovannibandw at 2016-11-21 15:24
ペンタスキーさん、こんにちは。
そうそう、哀愁を感じるんですよ。
夕映えの光でその感が深まったような気がします。
ピンクのイチゴは、2、5,9枚目の3つに仕込んでおきました。
気づいてもらえてうれしいです。
頑張って上を向いているのもいます。
Commented by giovannibandw at 2016-11-21 15:34
いちごさん、こんにちは。
アメニモマケズ、カゼニモマケズ…
ホメラレモセズ クニモサレズ…
ソウイウハナニワタシハナリタイ、と思っているのかもしれません。
宮沢賢治みたいですね。
しなやかでタフで、優しいイメージがあります。
Commented by sternenlied at 2016-11-21 17:14
自然の賜物はこの現象界に産まれてくる時も朽ちる時も何と美しいのでしょうねえ。
昨日は私も先日アップした川辺を歩きながら、朽ちてしまった植物に心を寄せていました。
丁度3時過ぎの傾いた陽射しに照らされて、朽ちていてもくっきりと凛とした姿にうっとりするほどでしたよ。
Lucianさんの撮られた枯れた秋桜にもいまだ植物の精が棲まわっているように感じられますね。
5番目の姿に特にそのように感じられます^^

「途切れることのない命の循環の生命エネルギーの発現に美を感じる時、
「今」は永遠になる。侘び寂びがここにあると想った」

とても深いお言葉です。真理をついてますね。
Commented by giovannibandw at 2016-11-21 19:48
sternenliedさん、こんばんは。
地上にいた生命体が消え去ることを、"transition"(転化)とも呼んでいます。
生命の個体発現の形態が変化するだけだからです。
植物の場合は単にピークが過ぎただけなのかもしれません。
完全に枯れるまではまだ呼吸はしているのでしょう。
 
このコスモスたちが咲き誇っている頃も撮影しているのですが、
記事にしそびれてしまいました。
こちらの方を出したかったからかもしれません。
今が永遠になるなんて、若い頃なら理解できなかったと思います。
恥ずかしながら年の功ですね。

Commented at 2016-11-22 05:21
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 亀三郎 at 2016-11-22 12:07 x
安心して朽ちる、、、、
心に残る、、、フレーズ
がしかし、、、
こちらは もがいて あえいで
すこしでも
健康寿命を伸ばそうと 毎日納豆食べて、、、
コスモスと私の世界観の違い
痛感しました って、、、
なんかピントがずれましたね m(_ _)m

PS わたしの予想 いや予感より早く
  揺れがきたかんじ、、、です
Commented by ペンタスキー at 2016-11-22 12:31 x
こんにちは。
今朝の地震は結構大きかったですが、
そちらは大丈夫でしたか?
うちは震度3、特に被害もなかったです。

やはりイチゴを仕込んでいたのですね。
2、5枚目もイチゴに見えますね♪
Commented by paoまま at 2016-11-22 14:17 x
今朝の地震には驚きました。
そちらは大丈夫だったでしょうか。

枯れたコスモスですか。
私が撮ったらきちゃなげな(広島弁)コスモスにしかならないので、多分ぜったい撮らない被写体をちゃんと撮っとってじゃねぇ。
これは昔ながらのピンクのコスモスだったんでしょうか。
ウチの田舎のコスモスは、パパさんが草刈鬼軍曹になってから姿を消してしまいました。
畦ばたに咲いていると、稲刈り時期には
「邪魔じゃねぇ」
と思うのですが、消えてしまうと
「寂しいもんじゃねぇ」
と思ってしまいます。
勝手なもんです。
Commented by giovannibandw at 2016-11-22 18:59
鍵コメ様 コメントありがとうございます。
詩的文学的な表現の次には、科学的・論理的アプローチが求められると思います。
今度はそれを探究してみましょう。
Commented by giovannibandw at 2016-11-22 19:16
亀三郎さん、こんばんは。
「もがいて あえいで」とかネガティブだとそれ自体がストレスになって逆効果です。
楽しくポジティブにいきましょう。
健康寿命を伸ばすには、何を食べるかよりも、
どれくらいの量を食べるかの方が格段に重要です。
 
そちらの方が福島に近いので、揺れは大きかったと思います。
こちらは震度3くらいで大したことはなかったです。
今回は被害もないようでほっとしています。
Commented by giovannibandw at 2016-11-22 19:26
ペンタスキーさん、こんばんは。
地震は震度3でした。津波以外は不安もなく大丈夫でした。
小学生の時に震度6を経験しているので、それ以下は大したことはないと感じるようになりました。
授業中に立っていられないほど揺れ、先生の誘導で廊下を避難するときに、壁が崩れ落ちてきたりしました。
それと比べてしまうんですね。
Commented by giovannibandw at 2016-11-22 19:37
paoままさん、こんばんは。
地震は震度3で大丈夫でした。
震度6とか7だったら危ないですが、それ未満だと被害は軽微で済むようです。
 
満開のコスモスはみんなで撮っているので激戦状態ですが、
枯れたのを撮る人は五指に満たないので、比べられなくて余裕があります。
色はピンクと赤でした。
 
草刈りの時は、武士の情けで何本かだけでも残してあげるとかできないものでしょうか。
Commented by Cakeater at 2016-11-22 21:34 x
うむ、Lucianさんはrealist かと思ってたらromantist だったか。わびさびはhot じゃないから僕は撮らない。(ええ、Cakeater, お前なんぞからしマヨネーズでも撮っておれ!)haha
【ひそかに逝きし主の扉に煙草一箱置いてあり】
【氷雨朝雨嘆き雨ふる煙草の箱は消えており】
【ぬしが手植えし鉢の秋桜萎れ落ちたの誰が掃く】
Commented at 2016-11-23 14:55
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by giovannibandw at 2016-11-23 15:57
Cakeaterさん、こんにちは。
romantistは英和辞書に載ってないのでちょっと違いますね。
realistの対義語ならidealistが近いでしょう。
生命力とか意識など検証できない分野は、文学的でないと表現が難しい面があります。
行間を読んでもらうためにも。
Commented by giovannibandw at 2016-11-23 16:56
鍵コメ様、植物の前は鉱物だったといわれますね。
ヒトの後もあるのですが、我々には雲の上です。
Commented at 2016-11-24 01:42
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-11-24 01:42
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Cakeater at 2016-11-24 16:10 x
あれ、本当だ。G4引いてみたら、日本語のロンマチスとはdreamy person かromantic にあたると注がありました。訂正ありがとうございます。
11月の雪、撮りに出ましたが、あまりの寒さに電車へひより、茶店の外を眺められるところをはしごして戻ってきました。道路はまったく積りませんでした。東京は、まだパラついております。そちらは本降りでしょうか。
Commented by giovannibandw at 2016-11-24 18:56
鍵コメ様 コメントありがとうございます。
詳しいことはまた後ほど。
Commented by giovannibandw at 2016-11-24 19:00
Cakeaterさん、こんばんは。
雪が降ったのは関東だけだったようですね。
これも「温暖化」のせいでしょうか(笑)
こちらは寒いけど晴れています。
雪の気配はまったくないです。
でも寒さは今シーズン一番でした。

Commented by esiko1837 at 2016-11-24 20:51
Lucianさん、こんばんは。
枯れた花を味わい深く撮ることは難しいです。
iwamotoさんが枯れた花を撮ることはよくありますが
Lucian さんがこんなに素晴らしく枯れた花を被写体にするとは思いませんでした。
いつもきちんとした写真を撮られていますが、このコスモスは一層心を込めたのではないですか?
文章もまたいつもより詩的な香りがします。
「安心して朽ちてゆく」・・・この言葉で、永遠の命に対する憧憬が伝わってきます。
私もちょっとだけ、詩人の気持ちのお裾分けをいただきました。
Commented by giovannibandw at 2016-11-24 21:38
esikoさん、こんばんは。
満開の時も撮りました。
でも何故か、みんなの二番煎じのような絵にしかならないような気がしてアップしませんでした。
そのリベンジとして枯れた花を選びました。
侘び寂びの中に生命の神秘と畏敬を感じたのです。
なーんてね。
Commented at 2016-11-25 04:38
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-11-25 04:42
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by giovannibandw at 2016-11-25 16:33
鍵コメ様、コメントありがとうございます。
Commented by 皐月の樹 at 2016-12-07 00:39 x
大変ご無沙汰しております^^;
私、仕事で韓国在住なのですが、韓国内で転勤があり、引っ越しなどでバタバタしておりました。
少し落ち着いて参りましたので、またボチボチ寄らせて頂きたいと思います。
宜しくお願いいたしますm(_ _)m

さて、私も枯れ物が好きで、コスモス、紫陽花、蓮葉など、枯れたものを好んで撮っております。
仰る通り、詫び寂を感じます。
盛者必衰の理でございますね。
5枚目と7枚目が特にお気に入りです!実に美しゅうございます。
Commented by giovannibandw at 2016-12-07 13:18
皐月の樹さん、こんにちは。
ご苦労様です。外国で引っ越しするのは大変そうに思います。
こちらこそ今後ともよろしくお願いします。
 
コスモスは満開も撮っていながら公開せずに、枯れた方をアップしてしまいました。
栄枯盛衰のサイクルの向こうに生命の神秘を感じるのです。
by giovannibandw | 2016-11-20 21:09 | 草花 | Comments(32)
写真はイメージの多面体  身近なシーンの新たなインプレッション

by Lucian
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30