写真散歩Ⅱ Photoing in neighborhood

ウミウの飛翔

新春のご挨拶を申し上げます。
 
現在使われている暦の元旦は、紀元前45年にローマのユリウス・カエサルが、
たまたまこの年の冬至の次にくる新月を1月1日に定めたのが始まりである。
3月25日を春分とし、最も近い新月を新年の始まりとする習わしがあったが、
当時末期だったヌマ暦では、閏日を入れるのを怠ったりして実際の季節と90日のズレがあったため、
修正するために閏月を3回入れた結果、春分の日が冬至までずれ込んでしまった可能性がある。
つまり、形式上の春分の日が、事実上の冬至に重なった可能性も否定できないのである。
カエサルが天文学的基準を無視したのではなく、偶発的な事故だったかもしれないのだ。

それはさておき、
昨年から新しい年へ滑り込むようにテイクオフする象徴的なシーンをどうぞ。
 
On your mark!
 
f0377679_09473150.jpg
 
Get set!
 
f0377679_09474789.jpg
 
Go!
 
f0377679_09480268.jpg
 
f0377679_09481717.jpg
 
f0377679_09483622.jpg

 
f0377679_09485068.jpg
 
f0377679_09490599.jpg
 
f0377679_09492112.jpg
 
f0377679_09494287.jpg
 
f0377679_09500147.jpg
 
f0377679_09502144.jpg
 
f0377679_09504271.jpg
 
離陸成功。この間、約2秒くらい。
 
f0377679_09510420.jpg

 
大空に羽ばたく姿は、見るだけでも気持ちがいい。 
 
f0377679_09512332.jpg
 
f0377679_09513635.jpg
 
f0377679_09515161.jpg
 
f0377679_09520764.jpg
 
f0377679_09522669.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



















[PR]
by giovannibandw | 2017-01-01 16:19 | 野鳥 | Comments(20)
Commented by Cakeater at 2017-01-01 18:39 x
明けましておめでとうございます。
おお、よく撮れるもんだ。もっとも、一眼レフだとけっこう追尾できるということは知ってはいるけれど、最近目のスタミナがなくなって、ファインダーを覗き続けていられない。Lucianさんは、まだ目が若いんだ。
運河で見てると、ぼくの場合、なぜかウが飛ばずに潜ってるか、羽を干してるかどっちかなんですよね。そのうち、こちらが冷えてきて歩いてあったまってから戻ってみると、もういない。
今年は昔みたイカルとかカシラダカとかホオジロ、ヒレンジャクあたりを撮ってみたいですね。P900なら止まってれば撮れそう。動かれたらやっぱりきついです。
今年もよろしう。
Commented by yuta at 2017-01-01 19:16 x
明けましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします。

飛翔の姿は勇ましく美しいですね。
この撮りのように大空を羽ばたきたいです
Commented by sternenlied at 2017-01-01 19:57
空けましておめでとうございます^^
新年の日付を何時にするのかというのは相対的でしょうね。
オーストラリアに義妹が住んでいるのですが、南半球では
夏の真っ盛りだそうですし。
ま、決まり事というのは、ゲームのルールのようなもので、
ルールに従って楽しんでみるのも乙なものではないかと(笑)

それにしても、またまた素晴らしい撮影ですね。
ウミウが準備体勢から飛んでいく様を見ていると、飛行機の離陸する瞬間が重なりました。
飛行機の離着を恐れる人は多いようですが、私はあの瞬間が
ワクワクするほど好きなんですよね。あの感覚が蘇ってきました。

大空に羽ばたく姿にはLucianさんの気持ちが投影されていて、
Lucianさんが爽快に飛んでるように見えます^^
このウミウのように大空を自由に飛翔する一年となりますように!
Commented by giovannibandw at 2017-01-01 21:41
Cakeaterさん
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。
ウはカモやカモメと比べて重いので、飛ぶ回数は割と少ないです。
飛び立つシーンに遭遇するのは、その日その時の運もあります。
さらに撮影に成功するためには、何度か通ってチャンスを待つ必要があります。
止まっているのと動いているのを両方狙うと、虻蜂取らずになりそうなので、
今のところ、動きものに専念しています。
Commented by giovannibandw at 2017-01-01 21:45
yutaさん
あけましておめでとうどざいます。
本年もよろしくお願いします。
今、鳥の飛翔する姿にはまっています。
これは万人の憧れでもありますね。
Commented by giovannibandw at 2017-01-01 22:09
sternenliedさん
空けましておめでとうございます。
新年の日付の問題の本質は、天文学的根拠です。
春分の日が基準だった長年の慣習をなぜ突然変えてしまったのかという点です。
冬至を基準にするのもあながち悪いともいえないのですが。
 
ウミウの離陸は白鳥の小型版という感じでかわいいです。
そう、飛行機にそっくりだと思います。
エジプトの壁画に、頭が人で身体が鳥の姿になったバー(Ba)が描かれています。
これは死者の魂が身体から抜け出て自由に飛びまわる姿を象徴的に表したものです。
空を飛ぶことに憧れるのは、この時の記憶の痕跡かもしれませんね。
大空を飛翔することは、自由度が広がるという意味でブレークスルーでもあり、
飛翔は今年のキーワードにしたいです。
Commented by iwamoto at 2017-01-01 23:58 x
新年の到来、おめでとうございます。
天文学的な背景を求めると、年間によっつしか選択肢がないですね。
北半球と南半球で納得出来る日は・・・。

新春に相応しい飛翔。
泳いで速度が上がると水面を走って・・・。
新年の助走は、あまり距離を与えられていませんね。
無理に飛び上がるとストールしますので、ジョーカーの出方次第でしょうか。

本年もよろしくご指導ください。
Commented by giovannibandw at 2017-01-02 09:05
iwamotoさん
新年おめでとうございます。
シーザー(カエサル)の残した言葉は、「賽は投げられた」でした。
我々はそれに従っていることになります。
 
ウミウの助走距離は大体こんなものです。
白鳥は大きいのでもっと距離が長くなります。
ジャンボ機を連想しますが、チャンスはさらに少なくなります。
重いので気軽には飛ばないからです。

こちらこそ本年もご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

Commented by paoまま at 2017-01-03 17:24 x
あけましておめでとうございます。
カエサルファンの私には嬉しい一年出だしの記事でございます。
なぜカエサルが好きなのか・・・
何でじゃろ?塩野七生の「ローマ人の物語」が好きだから?

飛びます飛びますは新年にふさわしいですねぇ。
また一年色々とウンチクを展開して下されませ。
小ネタ大ネタ大好きでございます。
どうぞ今年もよろしくお願いします。
Commented by giovannibandw at 2017-01-03 19:17
paoままさん
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
カエサルはイエスと同じ時代の人だったんですね。
ユリウス暦を作ったのは彼の最後の大仕事だったのでしょう。
  
「私たちはカエサル(ローマ皇帝)に税金を納めるべきでしょうか?」
「その金貨には誰の顔が描いてあるのか」
「カエサルの顔がかいてあります」
「カエサルのものはカエサルに、神のものは神に返しなさい」
(マタイ伝22 より)
 
飛びます飛びますシリーズはまだ続けたいと思います。
鳥のようにトリ年を羽ばたきましょう。
Commented by Grayman at 2017-01-04 15:06 x
あけましておめでとうございます。
訪問が遅くなってしまいましたが、本年も宜しくお願い申し上げます m(_ _)m

今年の登校初めが10日(火)とあって、田舎から甥や姪の家族が東京デズニーランドへ遊びに来て、狭い我が家はいま“すし詰め民宿状態”になっています(笑)。

飛行機、とりわけ旅客機の場合は“テイクオフ”よりも“ランディング”の方が数十倍の事故リスクがある(諸説あるようですが~)と云われていますが、ウミウの場合はどうなのでしょうねェ!

飛翔シーンは年の初めにピッタリだと思います。とりわけ最後の5枚の写真、堂々たる大空への飛翔は、世に漂う閉塞を打ち破るための勇気をくれますよね!どの写真もお見事で素晴らしい!!
Commented by giovannibandw at 2017-01-04 19:25
Graymanさん
新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。
 
賑やかな新年を迎えられたようですね。素晴らしいことです。
 
ウミウや水鳥全般に共通するのですが、ランディング時は翼をパラシュートのようにして減速し、足の水かきから先に着水します。
足が水に入ってから胴体が入るので、水の抵抗がかなり少なくて済みます。
ちょうど人がプールに飛び込む時に、手や腕が先に入るのと同じ理屈になります。
テイクオフのエネルギーと比べればずっと楽なように見えます。
 
酉年でもあり、飛翔は今年のテーマに相応しいと思います。
お褒め頂きましてありがとうございます。
さらに精進します。
Commented by いちご at 2017-01-05 10:29 x
明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

新年明けて5日も経ってしまってからのご挨拶で申し訳ありませんm(__)m

酉年らしいお写真ですね!
年女の私もこんなふうに素晴らしい羽ばたきで頑張りたいなって思いました。
素晴らしいお写真を見せていただけて嬉しいです(*^_^*)
Commented by giovannibandw at 2017-01-05 16:42
いちごさん
明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
 
年末から羽ばたいて飛び続けています。
色んな鳥を探していますが、そんなに多くの種類はいませんでした。
まだまだ断続的に続けるつもりなのでよろしくご高覧下さい。
少しでも励みになれば幸いです。

Commented by esiko1837 at 2017-01-06 20:58
明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

ウミウは、北山崎に行ったときにたくさん見ました。
同じ三陸といっても、多い所と少ない所があるのでしょうね。
水面から飛び立つときの様子が、石を川面などに平行に投げ込んでスキップさせる(?)時の様子に似ているなあと思いました。
水面を助走よろしくポンポンとスキップしてから飛び立つウミウ、こういうのを正確に捕らえてちゃんとお撮りになる・・やはりLucianさんはタダモノではありません。
今年も、自分では撮れない写真の数々を見せていただくことを楽しみにしています。
Commented by giovannibandw at 2017-01-06 21:18
esikoさん
明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
 
3歩くらい前の水しぶきがまだ残っているので、1歩が0.1か0.2秒くらいかもしれません。
平たい石を投げる水切りに似ていますね。
これがもっと大きい白鳥になると、さらに迫力が増します。
なにしろ日本で一番重い鳥ですから。
ウやハクチョウは重くて助走しないと飛べないので、カモのように簡単には飛んでくれないです。
張り込んで飛ぶのを待つのが仕事になります。
待ってチャンスさえくれば、撮るのはオマケみたいなものです。
Commented by 皐月の樹 at 2017-01-07 09:26 x
遅れ馳せながら・・・あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。m(_ _)m
見事なテイクオフ~飛翔でございますね~♪
ウミウですか~。
信濃川では、カワウが生息しておりまして、カワウはちょくちょく見かけます。
シラサギやアオサギと仲良く共存しているように見えます^^;
鵜は、羽が大きく、存在感がございますね。
新年にふさわしい、飛翔でございますね!
2017年、出来るだけ多くの人々に、出来るだけ多くの幸せが訪れることを願ってやみません。
Commented by ハナ母 at 2017-01-07 13:55 x
遅ればせながら、明けましておめでとうございます
昨年同様、本年もよろしくお願い致しますm(__)m

また色々教えて下さいね(^。^)
Commented by giovannibandw at 2017-01-07 19:40
皐月の樹さん
新年おめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いします。
テイクオフの全体を撮るのは、よほどタイミングがいいか、
待ち構えていないと難しいです。
普通は一部分だけになってしまいます。今回は運がよかったです。
こちらにはウミウだけでカワウはいません。テリトリーの関係でしょう。
シラサギやアオサギとの共存は同じです。
大きい鳥どうしでグループになっているようにも見えます。
新年にふさわしい飛翔として、白鳥を狙っていましたが、間に合いませんでした。
近いうちにリベンジしたいと思います。
2017年は激動の年になると思います。トランプ氏は、ニクソン、レーガンに続く第3の男です。
アメリカの立ち位置を大きく転換するでしょう。
国際勢力図の変化に拍車がかかるのは確実ですね。
Commented by giovannibandw at 2017-01-07 20:03
ハナ母さん
明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。
 
教えるなんて恐れ多くてとんでもないです。
paoちゃんの代書係をさせてもらってるだけです。
彼のインスピレーションが頼りです。
<< 続・渡らずの横断歩道 オナガガモ その2 飛びます ... >>


写真はイメージの多面体  身近なシーンの新たなインプレッション

by Lucian
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
yutaさん こんにちは..
by giovannibandw at 17:34
こんにちは 真っ赤に紅..
by yuta at 10:17
Cakeaterさん こ..
by giovannibandw at 20:58
今週の恵比寿の現場そばの..
by Cakeater at 19:11
亀三郎さん こんばんは。..
by giovannibandw at 20:27
ninjaさん こんば..
by giovannibandw at 20:20
鉢植えのモミジの紅葉 ..
by 亀三郎 at 12:06
緑と赤が綺麗ですね。 ..
by ninja2005y at 21:51
いちごさん こんばんは。..
by giovannibandw at 20:04
こんにちは。 こんな可..
by いちご at 15:05
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
プチ紅葉(追記あり)
at 2017-12-10 21:15
顔見立て物件入門20
at 2017-12-05 22:34
アイスプレート Lids o..
at 2017-12-03 16:43
顔見立て物件入門19
at 2017-11-30 10:15
ぱしふぃっくびいなす (Pa..
at 2017-11-26 23:04
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧