写真散歩Ⅱ Photoing in neighborhood

カラスの行水

「カラスの行水」という言葉がある。
入浴時間が短いたとえとして使われるが、実際にはカラスがどうやって入浴しているのか見る機会は滅多にないかもしれない。
ということで、見てみよう。1回につき2秒か3秒程度だが、それを何回も繰り返すので、
トータルではけっこう長風呂だったようだ。
それならカラスの行水とはいえないのではないかと感じたが、人に比べればはるかに短いので間違いではないだろう。
 
ちなみに鳥の中で一番水浴びが短いのはツバメである。
超低空飛行しながら、水切りの石のように一瞬だけ水面にバウンドしながら浴びる。
時間は0.2秒くらいで、水を飲むだけなら0.1秒で終わる。まさに電光石火の早業だ。
もちろん、食事も飛びながらである。
 
 
f0377679_20565916.jpg
 
f0377679_20571889.jpg
 
 
カラスは水浴びが終わると、その場から垂直上昇するように飛び立つ。
羽ばたくことで羽の水を切り、飛ぶことで風で早く乾くからだろうか。
まるで水鳥のようなクオリティを持っている。
 
f0377679_20573839.jpg
 
f0377679_20580172.jpg
  
 
独りだけの時以外は、仲間を見張りにして交代で行う。
下の写真を続けて見ると、交互にやっているのが分かる。
 
f0377679_20582013.jpg
 
f0377679_20583855.jpg
 
f0377679_20585438.jpg
 
f0377679_20590938.jpg
 
 
カモメがやってくると、勝手に見張りを任せてしまった。
この賢さは鳥類ナンバー1だ。
 
f0377679_20592335.jpg
 
f0377679_20593823.jpg
 
 
3羽以上になると、見張りは独りいればいいので、しだいに公衆浴場と化す。
 
f0377679_20595462.jpg
 
f0377679_21001088.jpg
 
f0377679_21002488.jpg
 
f0377679_21004185.jpg

   
入浴が終わると順次飛び立ち、そして誰もいなくなった。
 
f0377679_21005673.jpg

 
f0377679_21011226.jpg

 
 
 
 
 
 
 
  
 

 
 
 


















 


[PR]
by giovannibandw | 2017-01-31 22:34 | 野鳥 | Comments(22)
Commented by iwamoto at 2017-02-01 10:16 x
鳥の種類はよくわかりませんが、ハトとスズメと、ムクドリは我が家の庭で水浴びしていました。
雨水を貯めたコンテナで。 2秒までかなと思っています。
スズメの砂浴びも見ました。 庭にある穴は何だろうと思ったら、鳥が掘った穴だと理解。
うずくまってるのも見ましたが、写せても、写真的に不満なことが多いです。
カラスが水浴びするには大きなスペースが必要ですね。
川に行けば見られるかもしれませんが。

最後の一文、きょうは当方と一緒です(笑)
Commented by いちご at 2017-02-01 14:12 x
こんにちは。
カラスの行水!って言いますよね!!
うちの祖父は本当にお風呂に入る時間が短くて・・・
お風呂に行ったと思えば、すぐに戻ってきていました!
鳥さんはほんとにあっという間の水浴びなのですね!
実際に見てみたいなぁ~!
良いお天気の日に、あずきと一緒に河原に行ってみようかしら!
それにしてもLucianさんが撮られるお写真は躍動感がすごいですね!
Commented by sternenlied2 at 2017-02-01 18:25
近くの運河や湖や堀や池にもカラスをよく見かけますが、
水浴びしてる姿は見かけたことがないような気がします。
見張りをつけて交代で水浴びしてるなんて面白いですね。
しかも次第にたくさんやって来て、同じ場所で水浴びしてるっていうところが面白い。
どうして同じところで水浴びするのでしょうね。
以前バルト海の島に行った時にカフェの野外席に座っていたら、
直ぐ近くの砂地でスズメが砂浴びをしていて、同じ窪みに入れ替わり立ち替わり
他の雀もやって来て砂浴びしてました。下の記事の下方に写真を載せてます。

http://sternlein.exblog.jp/23546056/

生き物の行動を観察してると飽きないですね。
Commented by esiko1837 at 2017-02-01 19:32
こんばんは。
本当に、Lucianさんの観察眼の精緻なことと鋭さには驚きます!
驚き過ぎて、笑ってしまいました。
人間、うんと驚くと笑ってしまうようであります。
毎日の散歩で、カラスも川も飽きるぐらい眺めていますが、行水に遭遇したことはありません。
Lucianさんは遭遇されたばかりか、いろんなパターンに遭遇して、それをちゃんと撮影することに成功されています。
鳥の生まれ変わりとしか思えない存在かと。
ツバメが水を切るように飛んでいるのは、見たことがあります。
Commented by giovannibandw at 2017-02-01 20:07
iwamotoさん こんばんは。
カラスの水浴びは川です。泳げないので浅瀬があって足が届くところでないとダメなようです。
深いところにいる水鳥たちとは違う場所をキープしているようです。
スズメの砂浴びはまだ見たことがありません。
経験には片寄りがあるものですね。
Commented by giovannibandw at 2017-02-01 20:17
いちごさん こんばんは。
昔は何でも速いのがいいとされた時代もあったようですね。
海軍では入浴に2分の記録があるそうです。
鳥の羽は防水と撥水なので、軽く水洗いするだけで汚れが簡単に取れてしまうのでしょう。
カラスが入浴する場所は決まっていて、他の場所ではやりません。
それを発見したので報告させていただきました。
Commented by giovannibandw at 2017-02-01 20:27
sternenlied2さん こんばんは。
カラスはテリトリーの中の決まった場所でしか水浴びしないようです。
それでさえ、見張りを置く用心深さがあるくらいです。
水鳥と違って深いとだめで、足が届く浅瀬であることと、人や天敵の侵入がないことなど、
条件が整わないとやらないでしょう。
私はスズメの砂浴びは見たことがないです。
今度からスズメを見かけたら注目してみようと思います。
Commented by giovannibandw at 2017-02-01 20:36
esiko1837さん こんばんは。
川沿いを歩いていると、水浴びする場所が一か所くらいはあると思います。
たまたま運よくみつけただけです。
見張り役が警戒していたのは、撮影している私だったことになりますね。
いなければ見張りはいらなかったかもしれません。
でもそれは確かめることができないことでした。
カラスの行水は珍しいものだったんですね。
なんだかラッキーです。
Commented by ハナ母 at 2017-02-01 21:25 x
賢くて用心深いカラスの行水
面白いものを見せて頂きました
見ながらにやけてしまいましたです(^。^)
Commented by 皐月の樹 at 2017-02-01 21:58 x
だははは~^^;
これがリアル・カラスの行水ですね~!
ご指摘の通り、見たことありませんでした!初めて見ました!
これは貴重です♪
それにしても、キャプションがまた素晴らしく的確で、爆笑が止まりませんでした^^;
カモメが見張りにされてしまったり、公衆浴場と化したり・・・今でも笑いが止まりません^^;
カラス、よく逃げませんでしたね~!
さすがでございます。
燕・・・確かに川などで水面を切るように飛んでいるところを見たことがございます。
なるほど、アレが燕の行水なのですね。
確かに、最速です^^;
あれにはさすがのカラスも、降参するのではないでしょうか。
Commented by giovannibandw at 2017-02-01 22:15
ハナ母さん こんばんは。
カラスは用心深いけれども賢いので、敵意がなく無害だと示すと、
無駄に逃げるのを止めてくれます。エネルギーのロスだと知っているからです。
そうやって近づいたのでしたが、それでも見張りはしっかり付けられました(笑)
そこがまた用心深さと賢さのハイブリッドですね。
Commented by giovannibandw at 2017-02-01 22:24
皐月の樹さん こんばんは。
カラスとは1対1なら友達になって、羽を触らせてもらったことがあります。
モデルになってクローズアップで写真も撮らせてくれます。
でも集団になると、ある程度の警戒心は持たれてしまうのです。
それで見張りをつけられました(笑)
「カラスの行水」といっても、他の鳥も時間的には大体同じくらいなんですね。
カラスがスタンダードとして選ばれただけだったのでしょう。
燕のように上には上がいますからね。

Commented by paoまま at 2017-02-01 23:55 x
見張りを立てながらの水浴びとは、何に対して警戒していたのですか?
と、コメントを書こうと思いながらコロコロしたら
「ありゃま、警戒されていたのはLさんじゃったんじゃね」
なるほど、「おーいカメラを持ったおっちゃん来とるでぇ、一応見とけよ」
なんてやりよったんでしょうか。(笑)
そしてまたまたなるほど、
「害意を持って無いと逃げんのんじゃね」
ウチの屋上に来るカラスは直ぐに逃げるので、私に黒い感情を感じるのでしょう。
ま、私は「パオに手ぇだしたら堪えんけぇねぇ」な、オーラ出しよるじゃろうけぇねぇ。
Commented by 亀三郎 at 2017-02-02 10:23 x
カラスも 亀三郎の天敵、、、
油断するとゴミ捨て場を荒らされてしまうので
やっかいなんです
けっこう 頭もいいんですよね 
このログでも教えて頂きましたが
一羽が水浴びしてると
もう一羽は 見張り!!
う~~~ やるなぁ、、、って
改めて思いました (^_^;)(^_^;)
難敵 難敵、、、カラス、、、
Commented by giovannibandw at 2017-02-02 11:55
paoままさん こんにちは。
カラスは飼いならすこともできるそうで、人馴れしやすい鳥でしょう。
誰も飼いたいとは思わないでしょうが。
老猫で動きが鈍くなると、堂々と餌を横取りしたりします。
つまり学習能力がかなり高いようです。
電柱の上から下にいる猫に向かって、「シャー、シャー」と鳴きまねで威嚇していました。
どうしてニャーニャーとは鳴かないのかと思ったら、あれは人に対して親しみを示すためだったからなんですね。
そこまで理解しているとすれば、恐るべしです。
Commented by giovannibandw at 2017-02-02 12:05
亀三郎さん こんにちは。
遺伝学的には、鳥はワニやカメに近いそうです。
恐竜の子孫ですからね。
たしかに足だけ見るとそんな感じもします。
大脳がほとんどない鳥がどうして賢くなるのか、不思議です。
小脳だけでコンパクトになっているようです。
頭が大きくて重いと飛べなくなるからですね。
Commented by 皐月の樹 at 2017-02-02 20:34 x
なんと!
カラスと仲良くなって、モデルとしてクローズアップ写真ですか~?!
Lucianさんは、一体何者でらっしゃいますか?^^;
もしかして・・・ムツゴロウさんでらっしゃいますか?^^;
Commented by giovannibandw at 2017-02-02 22:40
皐月の樹さん こんばんは。
証拠の記事はこちらです。写真はクリックすると拡大できます。
 
http://familiarsight.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-89c0.html
 
でも誰とでも友達になれるというわけでもないです。
それは人間も同じですよね。
Commented by 皐月の樹 at 2017-02-04 10:27 x
リンクのご紹介、ありがとうございます!
拝見いたしました。
凄いですね~!こんなアップのカラスは初めて見ました。
仰る通り、実に愛らしい顔です。
そして、羽が美しいですね。黒ではなく、濃い藍の輝きを持っておりますね。
因みに、韓国ではカラスは殆ど見かけません。
以前いた、天安・牙山では一度もみませんでした。
その代わり、カチガラスだらけですね^^;
パジュに来て、初めて数羽見かけました。
カチガラスと、一緒に居りました。
カチガラスのだみ声を聞くと、カラスの澄んだ鳴き声が美しく感じました。
Commented by giovannibandw at 2017-02-04 20:52
皐月の樹さん こんばんは。
広角28ミリのマクロでアップに写しました。
これは自分のペットでないと出来ないレベルかもしれません。
「黒ではなく、濃い藍の輝き」ですが、これは紫外線を反射しているからではないかと思います。
鳥どうしはこれで雌雄の判別をしたり、健康状態がわかります。
 
韓国ではカチガラスですか。テリトリーの関係で棲み分けしているのでしょうね。
山間部や地方に行けばいるかもしれません。
Commented by yuta at 2017-02-05 13:19 x
こんにちは
カラスの行水おもしろいですね。
やはりカラスは頭がいいんですね

わたしも風呂は短いです
お湯につかるのはせいぜい2〜3分くらい
体を洗う時間を入れても10~15分くらいです(笑)
Commented by giovannibandw at 2017-02-05 14:24
yutaさん こんにちは。
入浴は身体を温めるためでなければ、早いに越したことはないですね。
鳥は大脳ではなく小脳が発達しているので、運動を含めた全ての行動が無意識だそうです。
頭がよくて無意識で考えているということは、思考スピードが人間以上かもしれません。
<< 氷結ススキ 白鳥の飛翔 曇り空にきらめく銀の翼 >>


写真はイメージの多面体  身近なシーンの新たなインプレッション

by Lucian
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
亀三郎さん こんばんは。..
by giovannibandw at 20:27
ninjaさん こんば..
by giovannibandw at 20:20
鉢植えのモミジの紅葉 ..
by 亀三郎 at 12:06
緑と赤が綺麗ですね。 ..
by ninja2005y at 21:51
いちごさん こんばんは。..
by giovannibandw at 20:04
こんにちは。 こんな可..
by いちご at 15:05
sternenliedさ..
by giovannibandw at 14:50
iwamotoさん こん..
by giovannibandw at 14:45
これも盆栽ですか? 綺..
by sternenlied2 at 02:18
こんなに綺麗に出来上がり..
by iwamoto at 00:26
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
プチ紅葉
at 2017-12-10 21:15
顔見立て物件入門20
at 2017-12-05 22:34
アイスプレート Lids o..
at 2017-12-03 16:43
顔見立て物件入門19
at 2017-11-30 10:15
ぱしふぃっくびいなす (Pa..
at 2017-11-26 23:04
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧