田んぼアート 見ごろになる

田んぼアートが見ごろになってきたようだ。
稲の生育はまだ途中でも、色や輪郭がはっきりしてきたので、
もう紹介してもいいだろう。
 
地面の高さから見ても全体像はデフォルメされていてわかりにくい。
展望所に昇ってみると一目瞭然だった。
  
 
f0377679_09075416.jpg
 
 
f0377679_09081559.jpg
 
 
追記:上の画像は1週間前(7/9)のものだったが、今日(7/16)また行ってみたらさらに色合いが豊かになっていた。
 
f0377679_19422667.jpg
 
 
そして、ヒヨコたちは大きくなり、巣立っていった。 ということはありえないのだが…。
たまにはジョークでも(笑)
 
 
f0377679_21183879.jpg




[PR]
Commented by yuta at 2017-07-16 10:56 x
こんにちは
なるほど少し高いところからみるとよくわかります。
今年の干支ですね。
Commented by iwamoto at 2017-07-16 12:10 x
やっぱり干支でしたか。
酉年生まれの弟が還暦なので、今年が酉年と覚えていました。
左の鳥の茶色の中での微妙なトーン、首と尾は違いますよね。
これほど細かい色の差が出せるのですね。
さすがに熟知しているのだな、と改めて感心しました。
Commented by giovannibandw at 2017-07-16 12:48
yutaさん こんにちは。
毎年やられているので、干支はそろそろひと周りしたかもしれません。
でもいつから始まったのかはわかりません。
Commented by giovannibandw at 2017-07-16 12:53
iwamotoさん こんにちは。
5色の稲を使い分けているそうです。
アート用に改良した古代米がメインでしょう。
今はもっと増えているかもしれません。
Commented by 皐月の樹 at 2017-07-16 14:00 x
おお~!見事ですね~!
なるほど、干支にちなんだ田んぼアートですね♪
それにしても、黄色や焦げ茶色、茶色・・・更には白もですか~!
これほどまでに色が出せるのですね。驚きました。
特に白は・・・どうなっているのでしょうか?
葉緑体はないのですかね?
光合成が出来るのか?心配になってしまいますね^^;
色の違いによる、育成の違いもあるのでしょうかね?
いずれにせよ、見事なアートでございますv^^
Commented by giovannibandw at 2017-07-16 17:56
皐月の樹さん こんばんは。
5色刷りのアートですね。
品種改良して人為的に創った特殊な稲なので、黄色や白もありなんでしょう。
ここの作品の凄さは、デジタルではなく全部アナログで創っていることです。
パソコンで座標を決めているのではなく、目視と合図だけで位置を決めるのです。
Commented by esiko1837 at 2017-07-16 20:26
こんばんは。
随分見事な色合いにあるのですね。
コントラストがこんなにハッキリ出るとは思いませんでした。
制作に携わった方々の苦労が偲ばれます。
近くだった見に行きたいところですが、この暑さでは
近くでも無理かもしれません。
Commented by sternenlied2 at 2017-07-16 20:42
ネットニュースを見てたら、日本の色々な場所で
田んぼアートのイベントが行われてるようですね。
私が日本で暮らしてた頃はなかったですけど、
いつ頃からあるのでしょうね。
ここの田んぼアートは、ご夫婦でなさってるそうですが、
素晴らしいですね!
時の経過によって稲の色合いも深まってくるそうで、
日を追って変化も楽しめますね♪
Commented by giovannibandw at 2017-07-16 20:48
esikoさん こんばんは。
今年は暑いので成長も早めになっているようです。
そのうちもっと鮮やかになるかもしれません。
ケガをされたようで大変でしたね。
こちらも先週はまさかの熱中症になりました。
炎天下に一日中いたのはともかく、午前中はしっかり摂っていた水分を、夕方には少なくしたのが原因でした。
油断大敵とはこのことです。
Commented by giovannibandw at 2017-07-16 21:02
sternenliedさん こんばんは。
田んぼアートの発祥は、青森県の田舎館村で1993年に始まったそうです。
そして2010年頃から全国に広まっていったようです。
規模の大きなものは、パソコンで輪郭のポイント座標を決めて測量機器で現場に移設します。
そのため、沢山の人手が必要になります。
これは小規模なのでアナログでもできるのですが、それにしても見事な業ですね。
毎年楽しませて頂いています。
Commented by Cakeater at 2017-07-17 19:32 x
おお、ドローン向きの被写体ですねえ。
それにしても、米の色もいろいろですねえ。黒と赤は食べたことがあるけど、黄と白はないなあ。
3Dプリンタ使わずに手彫りしてるみたいなことなんだ。
うむ、よくやるもんだ。米作りはせいぜい人生で50回。その一回ごとに己の好むところを行う。表現の原点ですねえ。
腕の日焼けの水疱を叩き潰して、半日たったら、今度は痒くなってきました。haha
Commented by giovannibandw at 2017-07-17 21:08
Cakeaterさん こんばんは。
古代米を食べたことがあるんですね。
ひょっとすると黄と白はアート専用の品種かもしれません。食用ではないかも。
司令塔で三脚にガラス板を立てて、スケッチした絵柄を投影図のように田んぼに目視でコピーします。
このため位相変換によるデフォルメもアナログになります。
右脳が活性化されて楽しそうです。PCでは味わえないと思います。
60代後半の御夫婦二人で作られているそうで、体力の続く限り続けて頂きたいものです。
Commented by 亀三郎 at 2017-07-18 10:04 x
おんどり と めんどり と ひよこ
家族写真ですかね~~
でも
めんどり って あんなに尾っぽが立派でしたっけ
種類によるのかな

とり系
苦手なので
ググるのも 怖い亀三郎、、、なのですが 笑
Commented by ハナ母 at 2017-07-18 11:16 x
こんにちは、鶏ファミリーだったんですね
一週間でグッと色鮮やかになりましたね、後また
一週間後にはヒヨコちゃんが巣立つ?、、そうなってたら
ちょっと怖い^^;しかしながら綺麗に作るものだと感心しちゃいます

↓ウミネコのヒナ達、立派な若になりましたね、4年後色白の
成鳥になって戻ってきて欲しいです(^。^)/
Commented by giovannibandw at 2017-07-18 20:28
亀三郎さん こんばんは。
めんどりでも尾が長いのはチャボ系にあります。
おそらく、このモデルは養鶏場の鶏ではなく、ペットのチャボでしょう。
亀さんは鳥系が苦手でしたね。私は爬虫類系が苦手です。
どちらもルーツは同じなんですが、毛がないからでしょうか(笑)
Commented by giovannibandw at 2017-07-18 20:54
ハナ母さん こんばんは。
空を飛べたらヒヨコも巣立つかもしれないですね。
このところの暑さで、稲の成長も早いようです。
丈が伸びるとまた趣きが変わってきます。
ここの田んぼアートは時々サプライズがあります。
例えば、秋になると、馬の時は翼が生えたような刈り取りをしてペガサスに変身していました。
見逃すと損するのですが、忘れてしまうことが多いです。
 
ウミネコの帰還率は70%だそうです。
他所へいってしまうというより、帰れなかった子もいるのでしょう。
3年くらいで帰ってきても、イジメにあって追い出されてしまうのを見たことがあります。
熾烈な縄張り争いに参戦するには、やはり成鳥になってからでないと無理でしょうね。
Commented by いちご at 2017-07-19 10:10 x
干支でしたね(*^_^*)
ヒヨコさんかわいい~♪
それにしても色使いも素晴らしくて図柄もしっかりとしていて
すごく良い出来栄えですね!
感動します!!
我が家は、私、父、祖母、三人とも酉年です。
Commented by giovannibandw at 2017-07-19 17:31
いちごさん こんにちは。
結果的に干支でしたが、たまに違うこともあるので楽しみなのです。
5色の稲をフルに活用しているので色鮮やかですね。
いちごさんは歳女でしたね。
親子3代で同じというのは珍しいです。
確率にして0.7%ですから。
Commented by paoまま at 2017-07-20 14:08 x
梅雨明けしたらめちゃめちゃ暑い広島からこんにちは~

田んぼアートがその全容を現わしましたね。
鳥がモチーフだと思いましたが、コケコッコーでしたか。
私は以前拝見した写真から、鳩かなぁと思っていました。
今回のは随分手の込んだアートだと思います。

Lさんのコレクションにある田んぼアートをずらりと並べて見せて貰いたいなぁ。
田んぼアーティストの腕が進化しているさまが見て取れるんじゃないかなぁ。
Commented by giovannibandw at 2017-07-20 19:33
paoままさん こんばんは。
年々進化している様子がうかがえます。
ブログで紹介させて頂いたのは「丑」あたりからではなかったかと記憶しています。
いつから始まったのかはわかりませんが、まだひと回りしてないと思います。
最近のはすぐ見つかりますが、始めの頃のはググらないと探せないです。
全部見つかったら総集編をやってみましょう。
Commented by paoまま at 2017-07-27 15:14 x
こんにちは
さっきネットを開けたら、デイリー東北が
「田んぼに今年の干支くっきり 階上の夫妻、毎年制作」
って記事を上げていました。
その記事の写真に見覚えが・・・
「ありゃりゃ、Lさんのブログで拝見した田んぼアートじゃわ」
嬉しくなったので、ちょいとまた書き込み致します。

午前中からずーーーーーっと、シュテちゃんのところに書き込めないのですが、
Lさんトコには書き込めるでしょうか(ドキドキ)
Commented by sternenlied2 at 2017-07-27 17:11
あら、私も今さっき日本語版のヤフーニュースのトップページで
この田んぼアートが紹介されてるのを見かけて、知らせに来たら、
paoままさんに先を越されていた(笑)↓に載ってます。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170727-00010006-dtohoku-l02.view-000

paoままさん、え、またコメントを書き込めませんか?!
エキサイト、どないなっちゃってるんだろう。
つい先日一日かけてメンテナンスやってたくせに。
できるだけ早くまた書き込めるようになってほしいと願ってます。
Commented by giovannibandw at 2017-07-27 20:40
paoままさん こんばんは。
ヤフーニュースの配信はお昼だったので、今は検索するとみつかる状態です。
地元の新聞はたまに取り上げますが、毎年ではないようです。
3、4年ぶりくらいかな?
 
私も星歌さんのところへは、一昨日の夜はなかなか書きこめなかったです。
自分のPC環境のせいだろうと思っていましたが、そうでもなかったようですね。
エキサイトブログ全部がダメというわけでもなく、バラツキがあるようで原因も不明です。


Commented by giovannibandw at 2017-07-27 20:58
sternenliedさん こんばんは。
日中はその記事を見そびれたので、リンクを貼ってもらえて助かります。
そうでないと検索して探す必要がありました。
地元の新聞は、毎年ではなく数年ごとに紹介しているようです。
 
paoままさんの側からそちらに一方的に書き込めない状態になっているということですね。
原因がエキサイトだとしても、ここには投稿できるようなので、わけがわかりません。
我々としてはただ待って様子を見るしかないですね。
by giovannibandw | 2017-07-16 09:14 | 風物 | Comments(24)
写真はイメージの多面体  身近なシーンの新たなインプレッション

by Lucian
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31