2017年 01月 01日 ( 1 )

ウミウの飛翔

新春のご挨拶を申し上げます。
 
現在使われている暦の元旦は、紀元前45年にローマのユリウス・カエサルが、
たまたまこの年の冬至の次にくる新月を1月1日に定めたのが始まりである。
3月25日を春分とし、最も近い新月を新年の始まりとする習わしがあったが、
当時末期だったヌマ暦では、閏日を入れるのを怠ったりして実際の季節と90日のズレがあったため、
修正するために閏月を3回入れた結果、春分の日が冬至までずれ込んでしまった可能性がある。
つまり、形式上の春分の日が、事実上の冬至に重なった可能性も否定できないのである。
カエサルが天文学的基準を無視したのではなく、偶発的な事故だったかもしれないのだ。

それはさておき、
昨年から新しい年へ滑り込むようにテイクオフする象徴的なシーンをどうぞ。
 
On your mark!
 
f0377679_09473150.jpg
 
Get set!
 
f0377679_09474789.jpg
 
Go!
 
f0377679_09480268.jpg
 
f0377679_09481717.jpg
 
f0377679_09483622.jpg

 
f0377679_09485068.jpg
 
f0377679_09490599.jpg
 
f0377679_09492112.jpg
 
f0377679_09494287.jpg
 
f0377679_09500147.jpg
 
f0377679_09502144.jpg
 
f0377679_09504271.jpg
 
離陸成功。この間、約2秒くらい。
 
f0377679_09510420.jpg

 
大空に羽ばたく姿は、見るだけでも気持ちがいい。 
 
f0377679_09512332.jpg
 
f0377679_09513635.jpg
 
f0377679_09515161.jpg
 
f0377679_09520764.jpg
 
f0377679_09522669.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



















[PR]
by giovannibandw | 2017-01-01 16:19 | 野鳥 | Comments(20)
写真はイメージの多面体  身近なシーンの新たなインプレッション

by Lucian
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31