2017年 01月 24日 ( 1 )

ここの池はやや細長く、両側が林になっているので、白鳥たちは必然的に長手方向に助走して飛び立つことになる。
つまり、飛行場の滑走路のようになっていて、飛行コースがある程度予測できるのである。
離陸地点にいて待ち構えると、前回のように頭上を飛ぶシーンを撮影することもできる。
引き続き、飛翔シーンを撮ってみた。曇り空だったが、白鳥の羽根のしっとりした柔らかい質感を楽しむことができた。
 
 
f0377679_20444868.jpg
 
f0377679_20550147.jpg
 
f0377679_20552129.jpg
 
f0377679_20560466.jpg
 
f0377679_20563210.jpg
 
f0377679_20565942.jpg
 
f0377679_20572565.jpg
 
f0377679_20574423.jpg
 
f0377679_20580560.jpg
 
f0377679_20582570.jpg
 
f0377679_20584380.jpg
 
f0377679_20590161.jpg
 
f0377679_20591814.jpg
 
f0377679_20594053.jpg
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 

















[PR]
by giovannibandw | 2017-01-24 21:08 | 野鳥 | Comments(18)
写真はイメージの多面体  身近なシーンの新たなインプレッション

by Lucian
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31