2017年 01月 31日 ( 1 )

カラスの行水

「カラスの行水」という言葉がある。
入浴時間が短いたとえとして使われるが、実際にはカラスがどうやって入浴しているのか見る機会は滅多にないかもしれない。
ということで、見てみよう。1回につき2秒か3秒程度だが、それを何回も繰り返すので、
トータルではけっこう長風呂だったようだ。
それならカラスの行水とはいえないのではないかと感じたが、人に比べればはるかに短いので間違いではないだろう。
 
ちなみに鳥の中で一番水浴びが短いのはツバメである。
超低空飛行しながら、水切りの石のように一瞬だけ水面にバウンドしながら浴びる。
時間は0.2秒くらいで、水を飲むだけなら0.1秒で終わる。まさに電光石火の早業だ。
もちろん、食事も飛びながらである。
 
 
f0377679_20565916.jpg
 
f0377679_20571889.jpg
 
 
カラスは水浴びが終わると、その場から垂直上昇するように飛び立つ。
羽ばたくことで羽の水を切り、飛ぶことで風で早く乾くからだろうか。
まるで水鳥のようなクオリティを持っている。
 
f0377679_20573839.jpg
 
f0377679_20580172.jpg
  
 
独りだけの時以外は、仲間を見張りにして交代で行う。
下の写真を続けて見ると、交互にやっているのが分かる。
 
f0377679_20582013.jpg
 
f0377679_20583855.jpg
 
f0377679_20585438.jpg
 
f0377679_20590938.jpg
 
 
カモメがやってくると、勝手に見張りを任せてしまった。
この賢さは鳥類ナンバー1だ。
 
f0377679_20592335.jpg
 
f0377679_20593823.jpg
 
 
3羽以上になると、見張りは独りいればいいので、しだいに公衆浴場と化す。
 
f0377679_20595462.jpg
 
f0377679_21001088.jpg
 
f0377679_21002488.jpg
 
f0377679_21004185.jpg

   
入浴が終わると順次飛び立ち、そして誰もいなくなった。
 
f0377679_21005673.jpg

 
f0377679_21011226.jpg

 
 
 
 
 
 
 
  
 

 
 
 


















 


[PR]
by giovannibandw | 2017-01-31 22:34 | 野鳥 | Comments(22)
写真はイメージの多面体  身近なシーンの新たなインプレッション

by Lucian
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31