写真散歩Ⅱ Photoing in neighborhood

カテゴリ:猫( 12 )

思い出の猫たち 2


 

昨日のお兄ちゃんたちには弟や妹もいる。
この子は双子の片割れで、もう一方とはすぐには区別がつかない。

 

f0377679_20295273.jpg

 
 

f0377679_20295255.jpg

 
 

f0377679_20295232.jpg

 
 

この子は、ワイルド系のナンバーワン。
自分より大きな鳥を捕まえて、独りでたいらげてしまったことがある。
 



f0377679_20295277.jpg

 
 

毛づくろいもお互いにやると楽にできるようだ。
 



f0377679_20295238.jpg

 
 

春がすぐそこまで来ているところで、時計は止まってしまったかのように感じていた。
でも今、再び動き始めた。
 
彼らには、家族であること以外にもう一つの共通点があった。
それは、「吾輩は猫である。名前はまだにゃい。」
 



f0377679_20295397.jpg

 
 
 
 
 
 
 
[PR]
by giovannibandw | 2015-03-11 20:51 | | Comments(0)

思い出の猫たち

生まれて半年たって、母親と同じくらい大きくなった子供でも、
まだお乳を飲みたがっていた。
それが許される環境にいるとそうなるのだろう。
それも幸運なことなのかもしれない。



4年前のあの日の直前まで、普通に見られた光景を思い出す。 



 

f0377679_20295061.jpg

 
 

f0377679_20295099.jpg

 
 

f0377679_20295024.jpg

 
 

f0377679_20295043.jpg

 
 

f0377679_20295052.jpg

 
 

f0377679_20295044.jpg

 
 

f0377679_20295032.jpg

 
 

f0377679_20295018.jpg

 
 

f0377679_20295002.jpg

 
 

f0377679_20295149.jpg

 
 

f0377679_20295133.jpg

 
 

f0377679_20295131.jpg

 
 

f0377679_20295121.jpg

 

「母さん、ボクたちは立派な大人になったよ。」
  

f0377679_20295159.jpg

 
 

 
 
 
 
 
 
 

[PR]
by giovannibandw | 2015-03-10 22:49 | | Comments(0)

深窓の令猫

ジョバンニは、外の世界をほとんど知らない。
4年ぶりに彼を外に連れ出してみた。
車から降ろすと、すぐに下に潜り込んでしまった。
警戒度はマックスだが、何をそんなに恐れているのか見当がつかない。
ここは海浜公園だけど、太平洋岸だから北鮮の工作員はいないと思う。 



 

f0377679_20281984.jpg

 

f0377679_20281916.jpg

 
 
車の下から引っぱり出し、駐車場の端の草むらに差し掛かったところで、姿が消えた。


1、2秒の間、目を離した隙だった。
遠くへ行くはずがないからこの中にいると思い、呼ぶと「ニャー」と返事が返ってきた。
 

f0377679_20281982.jpg

 
 
やっぱりこの中にいた。
 

f0377679_20282042.jpg

 
 
大きな広場の真ん中で、固まったまま動かなくなった。
 
 
f0377679_20282053.jpg



 
 
 
しかたなく移動する時は、目立たないように身を低くする。
抜き足差し足忍び足のお手本を披露してくれた。
 
  


f0377679_20282191.jpg



 
 
 
猫が外に出たがるという話を聞くことがあるが、自分のテリトリーの認知の問題ではないだろうか。
自分の縄張りが部屋の中だけだと理解していれば、外は注目はするけれど出て行く所ではないと判るのではないかと思う。
 


f0377679_20282132.jpg

 
さあジョバンニ、うちへ帰ろう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

[PR]
by giovannibandw | 2014-07-09 22:27 | | Comments(0)

ザック・ジャパン応援隊


 

サムライブルーと日の丸で、リアルドラえもんですにゃ。
これでザック・ジャパンを応援しますにゃ。
 
 

f0377679_20281036.jpg



 
 



f0377679_20281022.jpg



 

f0377679_20281046.jpg

 

妹たちもよろしく。
 



f0377679_20281035.jpg

 

f0377679_20281198.jpg


[PR]
by giovannibandw | 2014-06-16 22:40 | | Comments(0)

The space pao 13


 

地上のみなさん、こんにちは。MUです。
今日は全員、船内外の活動は休みです。
宇宙から雨中お見舞い申し上げます。
下に落ちない雨粒をダンゴにして大きくすると、こんな感じです。

 

f0377679_20280939.jpg

 

f0377679_20280919.jpg

 

f0377679_20280942.jpg

 
 
 
母タン、落ちたら下で受け止めてね。
  
 
f0377679_20280983.jpg







[PR]
by giovannibandw | 2014-06-12 23:00 | | Comments(0)

The space pao 12

地上のみなさん、こんにちは。Hanaです。
今、ISSの船外との出入り口、エアロックから外に出るところです。
 
宇宙を舞台にした映画やアニメでは、登場人物が宇宙服を着てすぐエアロックから
宇宙空間へ飛び出していくシーンがありますね。



あんなことをすれば死んでしまいます。


そこで減圧のための準備をプリブリーズといいます。
 
 




f0377679_20272143.jpg

 
 


 
プリブリーズは船外活動の準備の中で最も重要な作業です。


宇宙服を着用して作業をするとき、宇宙服が膨れ上がって作業がやりにくくなるのを防止するため、
宇宙服内の圧力を約0.3気圧に下げます。


船内の1気圧の環境にいた宇宙飛行士が、宇宙服着用時に約0.3気圧の環境に置かれると、
体内組織にとけ込んでいた窒素が微小な気泡となって、
それが毛細血管を詰まらせる減圧症(ベンズ)を引き起こす危険が伴います。


プリブリーズは、この減圧症を防ぐために実施される手順で、約0.3気圧への減圧を開始するまでに、
体内に溶け込んでいた窒素成分を体外へ追い出すために実施するものです。
 




1.酸素マスクを着用し、1気圧の状態で自転車こぎを10分間行う。
 


2.エアロック内を約0.7気圧に減圧し20分間維持。


(エクササイズ・プリブリーズ開始からここまでで80分)
 


3.宇宙服(EMU)の装着


(EMUの装着が完了するとエアロック内は1気圧に戻される。)
 


4.EMUを装着した状態で60分間のプリブリーズ(約0.3気圧で100%酸素を呼吸)を行う。
 


5.エアロック内を30分かけて減圧し、ハッチを開けて船外へ出る。
 
 
パオ隊長は、また得意のホログラムでまったりしています。
彼は今日はオフでした。 

f0377679_20272114.jpg

 
 
 




[PR]
by giovannibandw | 2014-05-21 20:48 | | Comments(0)

The space pao 11

地上の皆さん、こんにちは。
3人のクルーが月での任務を終えてISSに帰還しました。
再びここを拠点にして活動することになります。
月面探査の報告はアミ隊員からどうぞ。 

 

f0377679_20271062.jpg

 

では報告します。
月面には人間が着陸した痕跡はありませんでした。
私たち猫が最初に立ったことになります。
信じられない方はNASAにお問い合わせください。
人類が月に行ったといういかなる証拠も持っていないことでしょう。
 
パオ隊長の画期的イノヴェーションとはこのことです。
つまり、人間の記憶を書き換えたのです。
そして歴史も変わりました。
 



f0377679_20271138.jpg

 
 
デジカメで太陽をバックに自分撮りしてみました。
パパみたいにうまいでしょ?
 
 
 
 
 



[PR]
by giovannibandw | 2014-05-13 20:45 | | Comments(0)

The space pao 10


 

hana 「地面に何かいる!」
 



f0377679_20270475.jpg

 
 
 
hana 「パオ隊長!! 宇宙服はどうしたんですか!」
 
pao 「ハナちゃん、ゴメン。大丈夫だよ。
    これ、3Dホログラムだから。それから後ろの着陸船もそうだよ。」 

 

f0377679_20270456.jpg

 
 
pao 「ボクはここにいるよ。」

 

f0377679_20270526.jpg

 
 
 
 
[PR]
by giovannibandw | 2014-05-08 21:48 | | Comments(0)

The space pao 9


 

地球のみなさん、こんにちは。
月面にいるAmiです。
古い人口衛星回収のミッションが終わったので、月にやってきました。
重力が6分の1でも宇宙服は重いので、猫にとって2足歩行はたいへんです。
お気づきのように、2枚目の写真は合成ですよ。
1枚目の私の顔が映っている方が本物です。
いくら猫でも裸で月にはいられません。
でもパオ隊長には画期的なイノベーションがあるかもしれません。



f0377679_20270159.jpg




 

f0377679_20270139.jpg




[PR]
by giovannibandw | 2014-04-27 21:26 | | Comments(0)

宙猫クイズ2


 

地球の皆さん、こんにちは。ムーです。
3人のクルーは月面探査にいったので、ボクがISSに残りました。
2問目のクイズを出します。これは難問ですよ。 



 

f0377679_20265987.jpg



 
 
月面への移動は、転送装置で瞬時に転送します。
身体を直接転送すると、事故などで失敗したら死にます。


そこで、コピーを作って転送し、成功を確認したら「元」を消去します。


これは、SDカードのデータをハードディスクに転送する時と同じパターンですね。
HDDへのコピーが終われば、SDカードのデータは消されます。
 
さて、そこで問題です。
月へコピーを転送した後、元を消すのを忘れてしまいました。


このとき、本物はどちらでしょうか? 
 
 
 

[PR]
by giovannibandw | 2014-04-18 21:01 | | Comments(0)


写真はイメージの多面体  身近なシーンの新たなインプレッション

by Lucian
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
yutaさん こんにちは..
by giovannibandw at 17:34
こんにちは 真っ赤に紅..
by yuta at 10:17
Cakeaterさん こ..
by giovannibandw at 20:58
今週の恵比寿の現場そばの..
by Cakeater at 19:11
亀三郎さん こんばんは。..
by giovannibandw at 20:27
ninjaさん こんば..
by giovannibandw at 20:20
鉢植えのモミジの紅葉 ..
by 亀三郎 at 12:06
緑と赤が綺麗ですね。 ..
by ninja2005y at 21:51
いちごさん こんばんは。..
by giovannibandw at 20:04
こんにちは。 こんな可..
by いちご at 15:05
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
プチ紅葉(追記あり)
at 2017-12-10 21:15
顔見立て物件入門20
at 2017-12-05 22:34
アイスプレート Lids o..
at 2017-12-03 16:43
顔見立て物件入門19
at 2017-11-30 10:15
ぱしふぃっくびいなす (Pa..
at 2017-11-26 23:04
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧