カテゴリ:ニュース( 1 )

明暗を分けた食品廃棄

国内外の報道で、対照的なニュースを目にした。
日本のコンビニ各社の本部では、もったいないという概念を知らないらしい。
日本人として恥ずかしいと思う。
  



フランス スーパーに対し賞味期限切れ食品の廃棄を公式に禁止
 




フランスは、スーパーマーケットに対し、賞味期限切れの食品の廃棄を法的に禁止した世界で最初の国になった。テレビ「iTele」が伝えた。
 




報道によれば、フランス上院は、満場一致で、新しい法案を可決した。この法律は、直ちに効力を発した。すでに今日5日、フランスの大手スーパーマーケットは、調味期限の切れる食品の廃棄が禁止される。それらは廃棄される代わりに、人道援助組織に回され、必要とする人々に配られる。
 




また新しい法律の中では、故意に食品を廃棄したスーパーマーケットに対する罰則も規定されている。これまで多くのスーパーは、倉庫周辺に集まる失業者やホームレスの人々が食べられないように、食品を故意に「損なって」きた。
 
Sputlk 日本より 
 


 
 
「恵方巻き」売れ残り、大量廃棄される 店員が「自腹で買い取り」強要されるケースも


 


「異常な量の恵方巻き残ってる」「26万円の廃棄」「100個以上捨てる」——。2016年2月3日夜、こんな悲痛なツイートがコンビニ店員から相次いだ。節分にあわせて入荷した恵方巻きが大量に売れ残り、それを廃棄しているというのだ。
 




さらには、「大量に売れ残った恵方巻きを、従業員が自腹で買い取るよう強要される」ケースもあるようだ。
 


J-CASTニュースより
 
 
f0377679_20330123.png






[PR]
by giovannibandw | 2016-02-06 21:31 | ニュース | Comments(0)
写真はイメージの多面体  身近なシーンの新たなインプレッション

by Lucian
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31