カテゴリ:野鳥( 28 )

カルガモの飛翔

 
カルガモが薄氷の上に恐る恐る右足を乗せていた。
 
f0377679_21552031.jpg
 
ボチャン。やっぱりダメだったか。
 
f0377679_21553131.jpg

閑話休題。
飛翔シリーズなので、カルガモ君にも飛んでもらうことになった。
飛ぶのは一瞬なので、カメラワークだけでなく、ゲリラ戦のように接近する必要がある。
近寄りさえすれば、長玉でなくても十分狙えるのだ。 
 
f0377679_19271520.jpg
 
f0377679_19273517.jpg
 
f0377679_19275539.jpg
 
f0377679_19282214.jpg
 
f0377679_19284023.jpg
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 







[PR]
by giovannibandw | 2017-01-10 20:38 | 野鳥 | Comments(18)

先月、オナガガモを見に行った時に、見たことのない種類のカモをみつけた。
とりあえず撮影するものの、名前が思いつかない。
あとで通称マルガモと呼ばれているものと分かった。
これである。頭と嘴はカルガモだが、羽根の色がマガモの♂と同じで、頭にも緑色が混じっている。
もちろん、これは合成写真ではない。
 
f0377679_21043623.jpg
 
 
確認してみよう。これがマガモの♂。
 
f0377679_21083157.jpg

 
こちらはおなじみのカルガモ。
 
f0377679_21090610.jpg
 
 
そしてマルガモ。双方の遺伝子の組み合わせによって、どの部分を引き継ぐかが変わるので、色などに多様性があるようだ。
これはカモの雑種の中では最もポピュラーなので、通称とはいえ、マルガモという名前まである。
しかし、一般的には見かけることは滅多にないので、ここで紹介した次第である。
 
f0377679_21095088.jpg

  
ここでは、カルガモではなく、オナガガモのグループに入っていた。
そして飛んでいる間は区別がつかなかった。
 
f0377679_21112918.jpg
 
f0377679_21115943.jpg
 
 
 
 
 
 
  

  
 
 







[PR]
by giovannibandw | 2017-01-07 21:25 | 野鳥 | Comments(16)

ウミウの飛翔

新春のご挨拶を申し上げます。
 
現在使われている暦の元旦は、紀元前45年にローマのユリウス・カエサルが、
たまたまこの年の冬至の次にくる新月を1月1日に定めたのが始まりである。
3月25日を春分とし、最も近い新月を新年の始まりとする習わしがあったが、
当時末期だったヌマ暦では、閏日を入れるのを怠ったりして実際の季節と90日のズレがあったため、
修正するために閏月を3回入れた結果、春分の日が冬至までずれ込んでしまった可能性がある。
つまり、形式上の春分の日が、事実上の冬至に重なった可能性も否定できないのである。
カエサルが天文学的基準を無視したのではなく、偶発的な事故だったかもしれないのだ。

それはさておき、
昨年から新しい年へ滑り込むようにテイクオフする象徴的なシーンをどうぞ。
 
On your mark!
 
f0377679_09473150.jpg
 
Get set!
 
f0377679_09474789.jpg
 
Go!
 
f0377679_09480268.jpg
 
f0377679_09481717.jpg
 
f0377679_09483622.jpg

 
f0377679_09485068.jpg
 
f0377679_09490599.jpg
 
f0377679_09492112.jpg
 
f0377679_09494287.jpg
 
f0377679_09500147.jpg
 
f0377679_09502144.jpg
 
f0377679_09504271.jpg
 
離陸成功。この間、約2秒くらい。
 
f0377679_09510420.jpg

 
大空に羽ばたく姿は、見るだけでも気持ちがいい。 
 
f0377679_09512332.jpg
 
f0377679_09513635.jpg
 
f0377679_09515161.jpg
 
f0377679_09520764.jpg
 
f0377679_09522669.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



















[PR]
by giovannibandw | 2017-01-01 16:19 | 野鳥 | Comments(20)

カモ類は小型の鳥類の中で、垂直離陸が出来るぎりぎりの大きさ、重さではないかと思う。
これより少し大きく重い鵜になると助走しないと飛べないようだ。
一方で、サギ類やワシタカ類も大きな身体の割には助走なしで飛べるが、
これは体重が軽いためである。
今回はオナガガモ特集で飛翔シーンを選んでみた。
 
f0377679_20015248.jpg
 
f0377679_20020326.jpg
 
f0377679_20022207.jpg
 
f0377679_20031193.jpg
 
f0377679_20033459.jpg
 
f0377679_20034992.jpg
 
f0377679_20040309.jpg
 

f0377679_20041640.jpg
 
f0377679_20060061.jpg
 
f0377679_20061791.jpg
 
f0377679_20063625.jpg
 
f0377679_20065210.jpg
 
f0377679_20070877.jpg
 
f0377679_20072384.jpg
 
f0377679_20073981.jpg
 
f0377679_20075920.jpg
 
f0377679_20081456.jpg
 
f0377679_20083375.jpg
 
f0377679_20084857.jpg
 
f0377679_20092634.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



 











 









 

[PR]
by giovannibandw | 2016-12-24 21:02 | 野鳥 | Comments(27)

オナガガモ その1

オナガガモは他のカモに比べて首が細く長いので、スリムな印象がある。
カモ類の中では、一番人を恐れないで近寄ってくるように思える。
特にエサをやる人には足元まで近づいてくることもある。
全長75cm(オス)、53cm(メス)と、オスが20cm以上も大きい。
 

オスは前の胸が真っ白いのが目立つ。
 
f0377679_21461556.jpg

 
f0377679_21305131.jpg
 

オスの幼鳥は、胸の白い部分や背中などに茶色の斑模様がまだ残っている。
 
f0377679_21305988.jpg
 
f0377679_21481488.jpg
 

オス同士を、成鳥(手前)と幼鳥(奥)と並べてみる。
 
f0377679_21483454.jpg
  
 

メスのほうは、幼鳥と成鳥の違いが羽根では分かりにくい。
頭や嘴に違いが見えるが、今回はサンプル写真がなかった。
これは成鳥。
 
f0377679_21470916.jpg
 
f0377679_21480248.jpg

 
f0377679_21474897.jpg

 
 
今度はオスとメスの比較。
体長の22cmの違いは、オスの尾羽の長さによるところが大きいようだ。
身体だけならそれほどの違いには見えない。
 
f0377679_21484232.jpg
 

こちらの右側はオスのエクリプス。
一瞬、メスと間違えそうになるが、よく見ると似て非なるものだと判る。
嘴の色だけはしっかりオスのままである。
 
f0377679_21491130.jpg

 
飛翔シーンは次回で。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
  
 
 
 
 











[PR]
by giovannibandw | 2016-12-17 22:02 | 野鳥 | Comments(14)

ツバメ 2016


 

今、ツバメは巣作りの材料を運んでいることがある。
巣はあらかた出来上がっているようなので、仕上げの補強をしているのだろう。
その為、地面に降りていることがある。
餌の虫を捕るのも、水を飲むのも、すべて飛びながら空中でやるので、
地上にいるのは奇妙な感じもした。 

 

f0377679_20342633.jpg

 

f0377679_20342712.jpg

 
 

ツバメは元々、人を恐れない鳥なので、時々近くを飛んでくれる。
その瞬間をひたすら待って撮影に挑むのだが、
決まったコースはなく、変幻自在の曲芸飛行をする。
それで、目と腕と指の反射神経のレスポンスタイムを極限まで縮めることが要求される。
簡単にいうと慣れるしかないのである。
 



f0377679_20342704.jpg

 

f0377679_20342823.jpg

 
 

水を飲む時は、降下しながら口を開けて、水面に軽くバウンドして上昇する。
平べったい石ころで水きりをするような形にも見える。
軽く口だけ接触して水飲みだけするときと、全身を突っ込んで水浴びを兼ねているような時との2つのパターンがあるようだ。
どちらも時間的にはコンマ数秒の一瞬だ。
 



f0377679_20342821.jpg

 

f0377679_20342925.jpg

 

f0377679_20342919.jpg

 
 

感覚的なスピード感を表現すると、キャッチボールをしている人たちの中央にいて、
ボールを追いかけて流し撮りしているような感覚である。
繰り返しになるが、理屈抜きで「慣れる」しかないと思う。
 



f0377679_20343020.jpg

 

f0377679_20343080.jpg

 
 

レンズは、高速で合焦する超音波モーター搭載のタイプが望ましいが、
マニュアルフォーカスにして置きピンで狙えば種類は問わないだろう。
両方試してみたが結果に大差はなかった。
AFの方がピントの精度が少し高い程度だった。



 

f0377679_20343071.jpg

 

f0377679_20343139.jpg

 

f0377679_20343173.jpg

 
 
以前は、ターゲットをファインダーを見ながら追っていたが、
それでは間に合わなくなってきた。つまり、ヒット率が上がらないのである。
銃の照準器のようなスポーツファインダーを自作して、
アクセサリーシューに取り付ければいいかもしれないと考えている。
今回は間に合わないので、ノーファインダーで追いかけた。
それでも以前よりはヒット率が上がったようだが、副作用としてブレも増えてしまった。
 


f0377679_20343240.jpg

 

f0377679_20343281.jpg

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

[PR]
by giovannibandw | 2016-06-09 23:05 | 野鳥 | Comments(16)

ラストフライト


 

3月は白鳥がシベリアへ帰る時期になる。
オオハクチョウは、日本の渡り鳥の中では最も重い鳥である。
そのため、水辺にいると泳いで移動することが多く、なかなか飛んでくれない。
しかも、飛ぶためには何十メートルも助走しなければならないので、
時々失敗することもあるようだ。



まず、助走したけどスピードが足りなくて飛べなかったシーン。 



f0377679_20333395.jpg



f0377679_20333302.jpg



f0377679_20333337.jpg



f0377679_20333351.jpg



f0377679_20333447.jpg



f0377679_20333445.jpg



f0377679_20333577.jpg

 
 

次は成功したシーン。単独で飛ぶことはあまりない。



f0377679_20333553.jpg



f0377679_20333524.jpg



f0377679_20333592.jpg



f0377679_20333516.jpg



f0377679_20333658.jpg



f0377679_20333645.jpg



f0377679_20333608.jpg

 
 
他の3羽と途中で合流した。
実は助走のスタートからシンクロしていたのだ。



f0377679_20333627.jpg



f0377679_20333666.jpg



f0377679_20333729.jpg



f0377679_20333795.jpg



f0377679_20333786.jpg



f0377679_20333728.jpg



f0377679_20333706.jpg



f0377679_20333885.jpg



f0377679_20333830.jpg



f0377679_20333945.jpg



f0377679_20333964.jpg



f0377679_20334032.jpg



f0377679_20334003.jpg



f0377679_20334010.jpg

 
 
 
 
 
 
 
 
[PR]
by giovannibandw | 2016-03-19 20:57 | 野鳥 | Comments(0)

ユリカモメ


 

川にユリカモメが来ていたので、呼びよせて空中でポーズを取ってもらった。
カモメの中でも小型軽量なので、小回りの利く飛行能力を持っている。
一瞬ならホバリングもできる。
 
目の前で繰り返しパフォーマンスをしてもらうには対価の支払いが必要になるが、
偶然隣り合わせた女の子が出してくれた。
報酬はコインではなく、パン切れだった。

  

Panasonic GF2 G14mm/F2.5 (写真はクリックで拡大)



f0377679_20331421.jpg

 

f0377679_20331439.jpg

 

f0377679_20331403.jpg

 

f0377679_20331590.jpg

 

f0377679_20331550.jpg

 

f0377679_20331561.jpg

 

f0377679_20331618.jpg

 

f0377679_20331603.jpg

 

f0377679_20331606.jpg

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[PR]
by giovannibandw | 2016-02-26 21:13 | 野鳥 | Comments(0)

鳶三昧


 

久しぶりに空中の鳶を流し撮りしてみた。



大型の鳥はゆっくり飛ぶので簡単そうに感じるかもしれないが、
それは遠くにいる時の話で、近くを通り過ぎる際にはかなりのスピードになっている。
そのため、ピンボケやフレーミングから外れた画像を量産することになる。
歩留りは100ショットで2、3枚といったところだろうか。


集中力と忍耐力の訓練にはなりそうである。
  

f0377679_20325484.jpg

 

f0377679_20325489.jpg

 

f0377679_20325404.jpg

 
 
地上はカモやハクチョウなど水鳥のテリトリーになっているので、
トビたちは空中に居たまま、下に降りることはなかった。
それに、彼らは上空から地上の獲物を探すので、飛び続けたほうが有利でもある。
 

f0377679_20325530.jpg

 

f0377679_20325519.jpg

 

f0377679_20325597.jpg

 

f0377679_20325542.jpg



 

 
 
鳶の飛び方は、上昇気流に乗って旋回しながら滑空するパターンがほとんどで、
あまり羽ばたきをしない。
小型の鳥のように常に羽ばたいていないと落ちてしまうわけではないので、
あまりエネルギーを消費しないで長い時間飛んでいられるのである。
 

f0377679_20325651.jpg



 

 

f0377679_20325603.jpg



 

 

f0377679_20325608.jpg



 

 

f0377679_20325696.jpg



 

 

f0377679_20325669.jpg



 

 
 
獲物らしきものをみつけると、狙いを決めて急降下を始める。
空振りに終わることも多く、歩留りが少ないのは流し撮りと同じかもしれない。
 

f0377679_20325657.jpg

 

f0377679_20325684.jpg

 

f0377679_20325704.jpg

 

f0377679_20325756.jpg

 

f0377679_20325728.jpg

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

[PR]
by giovannibandw | 2016-01-22 21:34 | 野鳥 | Comments(0)

コハクチョウの飛来


 

冬の使者、白鳥がやってきた。
いつも馴染みの顔のような気もするが、個体差はほとんど判らない。
彼らは一度ペアを組むと、相手が死ぬまでパートナーを替えることはないという。
そのため、永遠の愛の象徴とされている。
毎年シベリアから何千キロもの旅をしてくるので、家族の絆は堅いのだろう。



 
 

f0377679_20322028.jpg



f0377679_20322066.jpg





f0377679_20322116.jpg





f0377679_20322112.jpg




 
 
  
水鳥の目線で水面から眺めてみた。



[PR]
by giovannibandw | 2015-12-02 20:44 | 野鳥 | Comments(0)
写真はイメージの多面体  身近なシーンの新たなインプレッション

by Lucian
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31