コスモスは丈夫な一年草で、日当たりのよい場所であれば、種子がこぼれて放っておいても毎年咲くようになるという。
一見、繊細で可憐で、弱々しく見えるが、風や雨に倒されても、再び頭をもたげて花をつける。
逆境にあっても健気に頑張る、そんな芯の強さが日本人好みなのかもしれない。
 



f0377679_20261014.jpg


  

コスモスはキク科なので、元々は中央の黄色い筒状花(とうじょうか)だけの集まりだったと考えられている。
筒状花はそれぞれが5枚の花びらや雌しべと雄しべを持っていて独立して受粉できるようになっている。
つまり、菊やタンポポに似た姿だったわけだが、花びらを持つ必要に迫られて、
8個の筒状花が小さな5枚の花びらを1枚に合体させて伸びていった。
これが舌状花という雄しべと雌しべがない花である。
 



f0377679_20261143.jpg

 
 



この舌状花は、もともと筒状花だったものが大きく伸びてピンク色などに変化したもの。
筒状花の5枚の花びらが進化した名残で、コスモスの舌状花の先端には切れ込みがある。
一つの花に見えるコスモスは、沢山の花が集まって出来た「頭状花序」と呼ばれるものだった。
 



f0377679_20261151.jpg

 
 



では、なぜコスモスは、わざわざ筒状花を舌状花に発達させたのか?


その理由は、コスモスの花粉を運んでくれるハチによく見えるようになる為である。


そこで、ハチと同じように、紫外線カメラで色々な花を見てみると、確かにコスモスが特に目立って見えるという。
さらに、ピンク色や白色の舌状花の部分をとってしまって、筒状花の部分だけにしてみると、今度は全く見えなくなってしまったそうだ。 
 


f0377679_20261198.jpg

 

 
 
つまり、コスモスは花粉を運んでくれる虫に強くアピールして生き残るために、舌状花を発達させていたのだった。
花びらが内側に湾曲してパラボラ状になっているのは、遠くの色んな角度からの視認性をよくする為と、ハチが花の真ん中に来た時に、紫外線の輝度が最高になって位置を特定しやすくしていると考えられる。


 
 
f0377679_20261118.jpg

 
 
 
さて、タイトルの本題だが、コスモスは他の植物に比べて葉がすごく細い。
同じキク科のキク(菊)と比較しても一目瞭然である。


そのため、コスモスは風の影響を受けにくく台風が来ても倒れない。


そこで実際に、同じ強さの風を当て、何処まで動くかを実験したところ、


キクが8m12cmも飛ばされたのに対して、コスモスは半分の3m94cmだった。


確かに、葉の細いコスモスの方が風に飛ばされにくかったのである。


さらに、葉1枚の表面積が小さいコスモスは、水分が蒸発していく気孔の数が少なく、乾燥にも強い。
 


 


f0377679_20261157.jpg

 
 
何故コスモスの葉は、そんなに風や乾燥に強い作りになっているのだろうか。


原産地は中南米のメキシコ。 山脈に挟まれた平均標高1,700mの高原で、


メキシコ湾側から吹く風速10mの乾燥した強風にさらされる土地であった。


つまり、コスモスは葉を細く小さくすることで、原産地メキシコの乾燥と強風から身を守っていたのである。
 


f0377679_20261224.jpg

 
 



このように、コスモスはメキシコのやせた土壌が原産地なので、
日本の豊かな土壌で育てると、とてつもなく大きく育つ花だったのである。
日本には世界一大きなコスモスが咲いているという。
その高さ、なんと3m48cm!花も通常の大きさの1.5倍で、直径12cmという驚くべきサイズ。
実は、ギネスブックにも掲載されているそうだ。
 
 



f0377679_20261217.jpg

 
 
しかし、一体どういう風に育てたら、こんなに大きく成長するのだろうか?
そこで、育てている方に大きく育てる方法を聞いてみると、なんと「普通に育てること」だと言う。
唯一、手を加えているのは、横に伸びる茎を落とすことと、まっすぐ伸びるように添え木をしていることだけだそうだ。

  



f0377679_20261200.jpg

 
 
コスモスに関する伝説 「花言葉 少女の純潔」
 


ヨーロッパの小高い丘の上に可憐で、心優しい少女と病弱な父と2人で暮らしていた。


その丘から続く小さな杜に木こりの青年ヨッシーミの小屋があった。


2人は時々、丘に並んで青い空を見つめながら語り合うだった。


一方、丘を下った賑やかな街には、男らしい肉体に自信を持つ傲慢な猟師のガストンが暮らしていた。
 




f0377679_20261248.jpg

 
 
自分に心動かさぬ女性はいないと勘違いしたガストンは、或る日、少女の父が亡くなったのをいいことに無理に結婚を迫ってきた。


少女は身を守るため、一瞬にして可憐なピンクの花に、それをかばったヨッシーミも凛とした白い花に姿を変え、


少女を守り続けた。丘には、白やピンクの花が一面に咲き乱れ、秋風の中、ただ1人ガストンが残された。


2人は互いに姿をコスモスに変え、純潔を守りぬいたのである。
 

f0377679_20261281.jpg

 
 

コスモス(Cosmos)の名前の由来については、一般的に、「飾り・美しい・調和・宇宙」という意味があり、満天の星のように輝いて咲くので、そのように名づけられたのではないかといわれている。
しかし、実際のことは命名したホセ・カバニレス神父(マドリード植物園長)にしか分からない。
ひょっとすると、上の写真のように筒状花は五角形の星型をしているので、これを星ぼしに見立てて、「宇宙」をイメージしたのかもしれない。
 
追記:
"cosmos bipinnatus"の、"bipinnatus"は細い葉の形が二度分岐している形状からの植物学の用語である。
つまり、「二回羽状の」という形容詞なのだが、羽状というのはここでは分岐を意味している。
ちなみに、キバナコスモスは"cosmos sulphureus"だが、"sulphureus"は「硫黄のような」という意味で色のことを指している。

 
 
 
 
 
 
 

 


[PR]
by giovannibandw | 2013-11-10 21:43 | 草花 | Comments(0)
写真はイメージの多面体  身近なシーンの新たなインプレッション

by Lucian
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30