霜華 frost flowers

昨日の朝は、雪が積もっていて窓ガラスに霜が降りていた。
今年初めてなので記録しておこう。
ふと、昭和の模様ガラスを思い出した。
 
今の冬は寒暖の差が激しくなりそうな気配もある。
暖冬か厳冬か、それとも平年並みか、予想は難しい。 



 
 

f0377679_20323513.jpg

 

f0377679_20323584.jpg

 

f0377679_20323536.jpg

 

f0377679_20323616.jpg

 

f0377679_20323715.jpg

 

f0377679_20323781.jpg

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

[PR]
by giovannibandw | 2015-12-30 10:35 | スナップ | Comments(0)


 

さて、屋内の競技場には八角形の柵にリング状に囲まれた土俵が二つあった。
第一土俵と第二土俵に分けられていて、試合は同時進行で行われていた。
取り組みの内容は全く分からなかったが、第一土俵の方が格が上のように見えたので、
そちらに移動して少し観戦してみた。
 



f0377679_20322719.jpg

 

f0377679_20322870.jpg
 

 

f0377679_20322858.jpg

 
 

試合の進行は場内アナウンスで案内される。
審判員は3人で柵の上に座って視ている。そのうちの1人が審判長。
座席の最前列には検査役もいて、判定に対して「物言い」をすることもできる。
ビデオ撮影は公式記録が1人で、他の2人はそれぞれのチームの関係者だろうか。
勝負が決まると、犬は自分で離れることができないので、人が引き離すことになる。

 

f0377679_20322972.jpg

 

f0377679_20322948.jpg

 

f0377679_20323040.jpg

 

筋骨隆々の大きな身体がぶつかり合う様子はまさに格闘技そのものだった。
噛み合いながらの持久戦なので、多少の裂傷や出血はあるようだった。
土俵を出た後は、待機している獣医が手当てをしていた。
 



f0377679_20323091.jpg

 

f0377679_20323077.jpg
 

 

f0377679_20323197.jpg

 

f0377679_20323196.jpg

   
 
f0377679_20323137.jpg

 
 
f0377679_20323182.jpg

 
 
 
地元の関係者の中には顔見知りの人もいたが、取り込み中で忙しそうだったので話を聞くことはできなかった。
通りがかりに思わぬ世界に迷い込んでしまったような不思議な印象だった。
当然のことだが、単なる傍観者として来る者は自分以外には誰もいないだろう。
記憶の中のレジェンドが導いてくれたような気がした。
 
 
参考: NPO法人全土佐犬友好連合会



 
 

f0377679_20323184.jpg

 
 
f0377679_20323209.jpg

 
 
f0377679_20323289.jpg

 
 
f0377679_20323203.jpg

 
 
f0377679_20323301.jpg
 

 
 
[PR]
by giovannibandw | 2015-12-24 20:53 | スポーツ | Comments(0)


 

先月、闘犬の大会があるのを、近くを偶然通りかかって見つけた。
土佐闘犬は日本古来の土佐犬(四国犬)に、明治時代から闘争心の強い洋犬を交配することで生まれた犬のこと。
格闘技に最適化した身体になっているため主に闘犬として育てられる。
その公式な大会が開催されていたようだった。
関係者と愛好家だけのマイナーな世界なので、宣伝や告知は一切やらないようで、
私も偶然通らないと気づかなかっただろう。

 

f0377679_20322507.jpg

 

f0377679_20322565.jpg



 



f0377679_20322537.jpg

 
 

関係者の車らしきナンバーは、北海道から四国まであったので、全国大会かそれに準ずる大会とみていいだろう。
この格闘技は相撲の番付がつけられて実力がランキングされている。
相撲とレスリングを合わせたような格闘技だが、多少の出血もある点はボクシングにも似ている。
もちろん、厳格なルールに従って行われ、獣医が待機しているので犬の安全は確保されているようだ。
 
 



f0377679_20322666.jpg



 



f0377679_20322638.jpg

 

f0377679_20322743.jpg

 
 



私は愛好家ではなく、また関係者でもないのだが、全く縁もゆかりもないというわけでもない。
小学校に入るかまだかの年頃に、物置小屋の古いタンスを開けてみて不思議なものを見つけたことがある。
それは横綱の化粧廻しだった。このとき初めて、自分の家に土佐闘犬がいたことを知ったのだった。
祖父と父が愛好家だったらしいことがわかったが、自分が生まれる前のことなので、犬については何も知らなかった。



(次回へ続く)
 



 
 
 
 
 

[PR]
by giovannibandw | 2015-12-22 20:16 | スポーツ | Comments(0)

影絵


 

たまたま通りがかった白壁の蔵に、道の向いの木々の影が映っていた。
初めての場所で、思いがけない偶然に出遭う。
狙っているわけではないけど、期待する結果に近づいてくる。
これも写真の面白さだろう。



 

f0377679_20322493.jpg




[PR]
by giovannibandw | 2015-12-17 22:07 | スナップ | Comments(0)

貯古齢糖秋桜


 

散歩中にちょっと珍しい花に出会った。
チョコレートコスモスだ。美容室の玄関脇の花壇に咲いていた。
花期は6月~7月、9月~11月になっていて、今は12月の始めだから最後の花かもしれない。
8月は真夏なので開花は休むことが多いという。
夏休みを取るのは珍しい花だと思う。


 
f0377679_20322225.jpg

 
 
 
品種は何だろうか? 原種はすでに絶滅している。 
思いつくだけで7種類ある。 
 
ショコラ
キャラメル・チョコレート
チョコモカ
ほっとチョコレート(新作)
ノエル・ルージュ
コスモス・アトロサンギネウス
ストロベリーチョコレート(キバナコスモスとの交配)
 
さて、どれだろうか?


 
 
f0377679_20322283.jpg

 
 
 
画像だけから推定すると、ショコラかチョコモカだろう。
さらに断定するほど経験値がないので不明。
チョコレートの香りがするかどうか嗅いでみるべきだったが忘れてしまった。
後の祭りである。
 


 
 
f0377679_20322392.jpg



 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

[PR]
by giovannibandw | 2015-12-08 10:16 | 草花 | Comments(0)

コハクチョウの飛来


 

冬の使者、白鳥がやってきた。
いつも馴染みの顔のような気もするが、個体差はほとんど判らない。
彼らは一度ペアを組むと、相手が死ぬまでパートナーを替えることはないという。
そのため、永遠の愛の象徴とされている。
毎年シベリアから何千キロもの旅をしてくるので、家族の絆は堅いのだろう。



 
 

f0377679_20322028.jpg



f0377679_20322066.jpg





f0377679_20322116.jpg





f0377679_20322112.jpg




 
 
  
水鳥の目線で水面から眺めてみた。



[PR]
by giovannibandw | 2015-12-02 20:44 | 野鳥 | Comments(0)
写真はイメージの多面体  身近なシーンの新たなインプレッション

by Lucian
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30