単彩桜

桜が咲き始めた。
とりあえず、すぐ近所の花を撮りに行く。
天気とスケジュールの両方が合わないと、遠くへ撮影に出かけるのは難しいから。
 
ふと、桜は色がなくてもきれいではないかと思った。
だからカラーから色を消すのではなく、始めからモノクロームで写してみた。

 
f0377679_20460065.jpg
 
 
f0377679_20462037.jpg
 
 
f0377679_20463855.jpg
 
 
f0377679_20465829.jpg
 
 
f0377679_20471786.jpg
 
 
f0377679_20473929.jpg
 
 
f0377679_20475951.jpg
 
 
f0377679_20481799.jpg
 
 
f0377679_20484043.jpg
 
 
 
 
 
 
  
 

 










[PR]
by giovannibandw | 2017-04-26 21:13 | 草花 | Comments(12)

梅の花

桜が開花する直前、梅の花が咲いていた。
紅白揃えてみたかったが、ピンクしかみつからなかった。
桜のような華やかさはないものの、艶やかさをもつ花だ。
濃密な色やしべの長さがそう感じさせるのだろうか。
  
 
f0377679_22055263.jpg
 
 
f0377679_22061235.jpg
 
 
f0377679_22063234.jpg
 
 
f0377679_22065575.jpg
 
 
f0377679_22071530.jpg
 
 
f0377679_22073386.jpg
 
 
f0377679_22075008.jpg
 
 
f0377679_22081312.jpg
 
 
f0377679_22083308.jpg
 
 
 
  
 
 
 
 
 












[PR]
by giovannibandw | 2017-04-17 23:06 | 草花 | Comments(19)

最近は夕焼けが見られる日が毎日のように続いている。
前回の夕焼けは、日没地点の周辺に限定されたものだった。
西の空が広く焼けることもある。
マーマレード色の空だ。
ダイヤモンドを持ったルーシーは浮かんでいなかったが。
 
f0377679_20191004.jpg
 
 
f0377679_20193662.jpg
 
 
 
 
 
 
  
 




[PR]
by giovannibandw | 2017-04-15 20:23 | 風景 | Comments(12)

夕焼け

昨日の夕焼けが印象的だった。
赤いというより黄金色に近いイメージ。
そのせいではないだろうが、今日は雪が降った。
気温は3℃で、冬に逆戻りしたかのような日だった。
 
 
f0377679_20465552.jpg
 
 
f0377679_20471752.jpg
 
 
 
 
  
 
 



[PR]
by giovannibandw | 2017-04-13 20:51 | 風景 | Comments(8)

オオイヌノフグリが咲いていたので、アップで写してみた。
明治初期に入ってきた帰化植物で、在来種のイヌノフグリを追い払うように全国に広まっていった。
花びらの青い部分が紫外線を反射して昆虫を誘引し、真ん中の白い部分は紫外線を吸収して蜜の在処を示すサインになっている。
 
f0377679_08445020.jpg
 
 
f0377679_08450703.jpg
 
 
オオイヌノフグリは花の大きさが8mm、イヌノフグリは3mmと小さいので、虫を惹きつけるには大きいほうが有利だ。
受粉の仕方でも差がつくようだ。
オオイヌノフグリはメシベがオシベより少し短いので、夕方花びらを閉じるときに花粉がくっつく仕掛けになっている。
写真はないがイヌノフグリはメシベのほうが長いので、自家受粉はできずに昆虫に頼るしかない。
西洋タンポポと日本タンポポでも同じ構図になっていて、在来種が外来種に駆逐されている。 
 
f0377679_08452289.jpg
 
 
f0377679_08454203.jpg
  
 
f0377679_08463732.jpg

 

名前の由来については、部分的に誤解されて広まっているところがあるようだ。
イヌノフグリより大きな花をつけるので、オオ・イヌノフグリになったのであり、
大犬のフグリという意味ではないらしい。 
 
f0377679_08465857.jpg
 
 
f0377679_08471366.jpg
 
 
f0377679_08472758.jpg
 
 
ヒメオドリコソウも外来の帰化植物で、オオイヌノフグリと同じように百年前から日本中に勢力を拡大した。
いつも同じ場所に咲いているのが不思議な感じもするが、両方ともグローバル化に成功した植物だからなのかもしれない。
花で目立つオオイヌノフグリと、葉で存在感を顕すヒメオドリコソウの組み合わせは注目させられる。
 
f0377679_08474439.jpg
 
 
f0377679_08480134.jpg
 
 
f0377679_08481982.jpg
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
  












[PR]
by giovannibandw | 2017-04-09 09:56 | 草花 | Comments(14)

帰ってきたウミネコ

ウミネコが繁殖地の蕪島に帰ってきた。
営巣のために集まってきていて、ピーク時には3万羽ないし4万羽に達するという。
日本を中心とする極東の海だけに生息するカモメ類である。
サイズは、ハトより大きくカラスより小さい。
今回はウミネコ・ウェルカム祭りといこう。
 
 
f0377679_21054901.jpg
 
  
f0377679_21060947.jpg
 
 
f0377679_21061210.jpg
 
 
f0377679_21061642.jpg
 
 
f0377679_21073911.jpg
 
 
f0377679_21075722.jpg
 
 
f0377679_21081505.jpg
 
 
f0377679_21083426.jpg
 
 
f0377679_21085320.jpg
 
 
f0377679_21091587.jpg




f0377679_21092980.jpg
 
 
f0377679_21094564.jpg
 
 
f0377679_21100766.jpg
 
 
f0377679_21102532.jpg
 
 
f0377679_21104831.jpg
 
 
f0377679_21110784.jpg
 
 
f0377679_21112780.jpg
 
 
f0377679_21114782.jpg
 
 
f0377679_21120619.jpg
 
 
f0377679_21123093.jpg
 
 
f0377679_21124621.jpg
 
 
f0377679_21130829.jpg
 
 
f0377679_21132987.jpg
 
 
f0377679_21135250.jpg
 
 
f0377679_21141306.jpg
 
 
f0377679_21144077.jpg
 
 
f0377679_21150360.jpg
 
 
f0377679_21152033.jpg
 
 
f0377679_21154661.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  

























[PR]
by giovannibandw | 2017-04-01 21:38 | 野鳥 | Comments(22)
写真はイメージの多面体  身近なシーンの新たなインプレッション

by Lucian
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30