Cakeaterさんからのリクエストは、「頭上を飛ぶ白鳥の地面の影」の撮影ということだった。
ところが、地面の上はなかなか飛んでくれないのと、
場所も方向も予め特定できないので影の位置を予測することも困難だった。
しかし、水面から飛び立つのはある程度予測可能なので、
待ち伏せすれば本体と水面に映る影を同時に撮影できることがわかった。
 
f0377679_20412580.jpg


池や川にいる白鳥は、泳いでいくよりも飛んだ方が有利と判断すれば、
百メートルや二百メートルでも飛んで移動することがある。
でも鴨やカモメのように簡単には飛ばない。
日本で一番体重が重い鳥なので、助走や羽ばたきに多くのエネルギーを要するからである。
それでは、助走が終わって離水した僅かな時間の水面の影と、着水までの飛行をどうぞ。
 
f0377679_20170034.jpg
 
f0377679_20175458.jpg


f0377679_20181512.jpg
 
f0377679_20304884.jpg
 
f0377679_20364287.jpg
 
f0377679_20370182.jpg
 
f0377679_20372412.jpg
 
f0377679_20374136.jpg
 
f0377679_20375844.jpg
 
f0377679_20381635.jpg
 
f0377679_20383234.jpg
 
f0377679_20385110.jpg
 
f0377679_20390536.jpg
 
f0377679_20392435.jpg
 
f0377679_20394062.jpg
 
f0377679_20400013.jpg
 
f0377679_20401537.jpg
 
f0377679_20403209.jpg
 
f0377679_20404753.jpg
 
f0377679_20411082.jpg




















 


[PR]
# by giovannibandw | 2017-02-24 20:57 | 野鳥 | Comments(16)

鳶の飛翔 その2

シングルのポーズのお披露目の次は、ダブルとトリプルのプレーもある。
鳶のテリトリーは広いので、単独で行動することが多い。
特別なことがない限り、3羽以上の複数が同時に観察できるのは稀である。
この時は、たまたま数十羽が乱舞するように飛んでいたので、
ファインダー内で重なるように接近した瞬間を狙ってみた。
 
 
f0377679_21134131.jpg
 
f0377679_21140174.jpg
 
f0377679_21142231.jpg
 
f0377679_21144611.jpg
 
f0377679_21151248.jpg
 
f0377679_21153523.jpg
 
f0377679_21155794.jpg


  
これはパン切れを咥えたカモメをチェイスするトビ。
小さくて素早いカモメになかなか追いつけないのが面白い。
2羽で追っても振り切られてしまったのであった。
 
f0377679_21162225.jpg
 
f0377679_21165478.jpg
 
f0377679_21173429.jpg

 
 
これはカラスとの小競り合いだった。
餌と餌場が競合するライバルなので、よく空中でのバトルを見かける。
 
f0377679_21175653.jpg
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
 












 


[PR]
# by giovannibandw | 2017-02-16 23:00 | 野鳥 | Comments(20)

鳶の飛翔 その1

頭上を舞うトビを狙ってみた。
トビは、ハシブトガラスとほぼ同じ大きさだが、ゆっくり回りながら飛ぶのでもっと大型の鳥に見える。
海岸や湖沼、川など水辺の上空で見かけることが多い。餌をみつけやすいからだろう。
水面にいる水鳥の上を旋回しておこぼれに与ろうとしているかのようにも見える。
まずは飛翔のポーズをご覧頂きたい。
 
 
f0377679_22313627.jpg
 
f0377679_22332240.jpg
 
f0377679_22315582.jpg
 
f0377679_22334259.jpg
 
f0377679_22321812.jpg
 
f0377679_22323905.jpg
 
f0377679_22325982.jpg
 
f0377679_22340021.jpg
 
f0377679_22341984.jpg
 
f0377679_22344441.jpg
 
f0377679_22350371.jpg
 
f0377679_22352133.jpg
 
f0377679_22353866.jpg
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 














[PR]
# by giovannibandw | 2017-02-11 23:44 | 野鳥 | Comments(20)

氷結ススキ

白鳥がいる池の岸で、ススキの穂に水蒸気がついて凍結していた。
再び氷の綿毛で覆われたかのようにも見えた。
ススキの写真は沢山見てきたが、凍りついているのはあまり見かけたことがなかった。
 

f0377679_17323846.jpg
 
 
f0377679_17325555.jpg
 
 
f0377679_17331082.jpg
 
 
f0377679_17332600.jpg
 
 
f0377679_17334170.jpg
 
 
f0377679_17335688.jpg
 
 
f0377679_17341081.jpg
 
 
f0377679_17342342.jpg
 
 
f0377679_17343935.jpg
 
 
f0377679_17345413.jpg












[PR]
# by giovannibandw | 2017-02-05 20:11 | 風景 | Comments(19)

カラスの行水

「カラスの行水」という言葉がある。
入浴時間が短いたとえとして使われるが、実際にはカラスがどうやって入浴しているのか見る機会は滅多にないかもしれない。
ということで、見てみよう。1回につき2秒か3秒程度だが、それを何回も繰り返すので、
トータルではけっこう長風呂だったようだ。
それならカラスの行水とはいえないのではないかと感じたが、人に比べればはるかに短いので間違いではないだろう。
 
ちなみに鳥の中で一番水浴びが短いのはツバメである。
超低空飛行しながら、水切りの石のように一瞬だけ水面にバウンドしながら浴びる。
時間は0.2秒くらいで、水を飲むだけなら0.1秒で終わる。まさに電光石火の早業だ。
もちろん、食事も飛びながらである。
 
 
f0377679_20565916.jpg
 
f0377679_20571889.jpg
 
 
カラスは水浴びが終わると、その場から垂直上昇するように飛び立つ。
羽ばたくことで羽の水を切り、飛ぶことで風で早く乾くからだろうか。
まるで水鳥のようなクオリティを持っている。
 
f0377679_20573839.jpg
 
f0377679_20580172.jpg
  
 
独りだけの時以外は、仲間を見張りにして交代で行う。
下の写真を続けて見ると、交互にやっているのが分かる。
 
f0377679_20582013.jpg
 
f0377679_20583855.jpg
 
f0377679_20585438.jpg
 
f0377679_20590938.jpg
 
 
カモメがやってくると、勝手に見張りを任せてしまった。
この賢さは鳥類ナンバー1だ。
 
f0377679_20592335.jpg
 
f0377679_20593823.jpg
 
 
3羽以上になると、見張りは独りいればいいので、しだいに公衆浴場と化す。
 
f0377679_20595462.jpg
 
f0377679_21001088.jpg
 
f0377679_21002488.jpg
 
f0377679_21004185.jpg

   
入浴が終わると順次飛び立ち、そして誰もいなくなった。
 
f0377679_21005673.jpg

 
f0377679_21011226.jpg

 
 
 
 
 
 
 
  
 

 
 
 


















 


[PR]
# by giovannibandw | 2017-01-31 22:34 | 野鳥 | Comments(22)
写真はイメージの多面体  身近なシーンの新たなインプレッション

by Lucian
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30