写真散歩Ⅱ Photoing in neighborhood

うみねこの抱卵 2018

蕪島では、うみねこの抱卵と孵化が始まっていた。
見たところ、卵の数は1~3個で、それ以上の巣はなかった。
温める限度が3個なのかもしれない。
あるいは、育てられる雛の数が3匹までの可能性もある。
3月に3万羽がやってきて、夏には4万羽になって旅立つといわれるので、
孵化と生存率はそれなりということになる。
 
卵は巣の上にあるものは、姿勢を変えるために席を立った隙に撮らせてもらった。
何らかの理由で巣から出てしまった卵は、縄張りの外ということになり、無視される。
これは雛についても同様で、一度迷子になってしまったら最後、帰る場所も育ててくれる親もいなくなる。

f0377679_21041326.jpg
f0377679_21043667.jpg
f0377679_21050190.jpg
f0377679_21052317.jpg
f0377679_21054857.jpg
f0377679_21060988.jpg
f0377679_21063779.jpg
f0377679_21070043.jpg
f0377679_21073134.jpg
f0377679_21075210.jpg
f0377679_21081234.jpg
f0377679_21084120.jpg
f0377679_21090257.jpg
f0377679_21092789.jpg
f0377679_21095004.jpg
f0377679_21100984.jpg



















[PR]
by giovannibandw | 2018-05-31 21:26 | 野鳥 | Comments(12)
Commented by iwamoto at 2018-05-31 21:49 x
この地で3万が4万になり、また3万になってやって来る、ということでしょうか。
確かに、そのような数の変遷なのかな、と思われます。
梅雨入りも早いそうです。 この島の気候は如何ですか。
もし、早いとしても、赤ちゃん誕生に問題無ければ良いのですが。
Commented by giovannibandw at 2018-05-31 22:19
iwamotoさん こんばんは。
4万来られても物理的に居場所がない者が出るだけです。
帰島率が60%なので、40%が入れ替わっているということかもしれません。
生まれてから成鳥になるのに4年かかるとして、
ここにくる個体に若鳥はいないので、4年以上経ってから帰ってくることになります。
気候の問題ですが、こちらでは「やませ」という海からの冷たい風が吹くので、低温が続くと雛が寒さで死ぬこともあります。
それが心配ですね。
Commented by 亀三郎 at 2018-06-01 12:43 x
こんにちは

ウミネコの卵をみて 思ったことで、、、
たいしたことじゃないのですが、、


東京のそば屋さんで
ざる蕎麦を頼むと
つゆに入れる用で うずらの卵がついてくる
お店が多かったんですが
それが
最近なくなったような???

栃木の蕎麦屋では
うずらの卵は
経験がないんですが、、、(^_^;)
東京の蕎麦屋では
あった!!、、、

最近はどうなんだろう、、、っていうだけの
話で
申し訳ありません ペコリ

ちなみに
Lucianさんちのほうは
うずらの卵、、、、
出すお店ありますか??
Commented by giovannibandw at 2018-06-01 15:15
亀三郎さん こんにちは。
今でもついてくるのは関西だけなんじゃないでしょうか。
昔は関西以外でも、一時真似して流行ったことがあるのかもしれません。
ちなみにこちらではないです。
うみねこの卵はうずらによく似ていますが、
大きさは鶏卵なみです。
量的には食べ応えがありそうですね(笑)
Commented by ハナ母 at 2018-06-01 16:22 x
こんにちは、ウミネコ便り、待ってました……の前に
ウズラの玉子が付いてくる蕎麦屋まだ、あります。
因みにわたくし、足立区在住です^^;

巣からこぼれた卵は、見捨てられちゃうのですかぁ
迷子になった雛も、誰も助けてくれないのですね
厳しいですね(T . T)

Commented by giovannibandw at 2018-06-01 17:49
ハナ母さん こんにちは。
雛が巣から出て戻れなくなってしまった事故を目撃したことがあります。
http://familiarsight.cocolog-nifty.com/blog/2015/06/2015-a1f8.html
かわいそうでしたが、自然の掟ですね。
それほど、縄張り争いは熾烈を極めるのです。
卵も、自分の巣を留守にして外で温めることはできないようです。
嘴は卵を偏りなく温めるために回転させることはできても、元の場所に運ぶことはできないです。
 
ウズラの玉子の件、ご教示ありがとうございます。
地元の人しか分らないことは黙っていた方が無難ですね。
Commented by 亀三郎 at 2018-06-02 11:17 x
足立区のうずらの卵
情報ありがとうございました‼️
Commented by Cakeater at 2018-06-02 19:10 x
ええ、脱線コメントのほうから、
杉並区(阿佐ヶ谷、荻窪)、中野区(中野)方面ではこの十年ウズラの卵、見たことありません。池袋、新宿、渋谷、品川方面でもなくなりました。もちろんウミネコ、ユリカモメ等の卵もありません。
ユリカモメの生存確率・・・・けっこう厳しいですねえ。
Commented by giovannibandw at 2018-06-02 19:54
亀さん 
足立区は東京の中でも貴重な存在ですね。
Commented by giovannibandw at 2018-06-02 20:07
Cakeaterさん
ウズラの卵は、やはり関西から来て関西に帰ったのかなと思います。
一部地域だけ残っているのが実情でしょうか。
ウミネコの卵が全部孵化して無事に成長したとすると、
3万羽が6万羽くらいに増えそうですが、実質3割だけ育っているようなものでしょう。
淘汰の洗礼を通過できる強い個体だけが残らないと、絶滅への道が待っています。
人類の場合、支配層が意図的にやろうとして失敗の連続なようですが。
Commented by Cakeater at 2018-06-03 16:16 x
かつては強兵が支配層の生存原理、現在は筋力じゃなかった金力が生存原理。プーチンみたいな筋力マンじゃなくてABみたいな金力マンが金満幻想で支配するわけで、デジタル化したロボットで十分、制空権の戦いも無人機でけっこう、相手をたたくにはミサイルで十分というわけで強兵は無用となると、生物学的にも退化していきそうですね。
Commented by giovannibandw at 2018-06-03 19:05
Cakeaterさん こんばんは。
一般の人というか素人さんに解りにくくなっているのは、
支配層が資本家と戦争屋に二極化して対立構造になっているのが、
ほとんど知られていないからです。
一枚岩であるかのように考えると、国際情勢を何一つ理解できなくなります。
地獄に例えると、赤鬼とその子分の青鬼がいて、子分が親分に逆らって分裂している状況です。
亡者にとっては苛められるのはどちらでも同じなので、共倒れになってもらうしかないんですね。
<< ウミネコの雛 2018 庭に咲く花3 熊が居そう >>


写真はイメージの多面体  身近なシーンの新たなインプレッション

by Lucian
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
いちごさん こんにちは。..
by giovannibandw at 15:49
iwamotoさん こ..
by giovannibandw at 15:44
こんにちは。 1枚目、..
by いちご at 14:57
1枚目は、足形ですよね。..
by iwamoto at 09:11
亀三郎さん こんばんは..
by giovannibandw at 20:00
田んぼあーと 忘れてし..
by 亀三郎 at 16:58
いちごさん こんばんは。..
by giovannibandw at 19:56
おはようございます。 ..
by いちご at 09:44
iwamotoさん こん..
by giovannibandw at 15:16
ある種のトリックアートと..
by iwamoto at 11:57
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
顔見立て物件32
at 2018-06-21 20:34
田んぼアート 始まる
at 2018-06-18 08:00
ウミネコの雛 2018 ②
at 2018-06-11 22:22
顔見立て物件31
at 2018-06-06 20:30
ウミネコの雛 2018
at 2018-06-01 21:49
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧