写真散歩Ⅱ Photoing in neighborhood

虫鬼灯

ほおずきの袋を、人が水に浸けるなどして手を加えて網状にしたものを、網鬼灯というらしい。
また、自然のままで、カメムシなどが食べて網目状の葉脈だけが残ったものは、虫鬼灯と呼ぶ。
今日は、仕事でクライアントのお宅を訪ねた際に、雑草の中に虫鬼灯を偶然見つけた。
もちろん、まったく人の手は加えていないとのことだった。
 
 
f0377679_21421645.jpg
 
 
f0377679_21423712.jpg
 
 
f0377679_21425763.jpg
 
 
f0377679_21431681.jpg
 
 
f0377679_21433637.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  

 
 

 







[PR]
by giovannibandw | 2018-10-09 21:45 | 草花 | Comments(8)
Commented by ハナ母 at 2018-10-10 11:47 x
綺麗〜!
この芸術作品の作者は?
カメさん?
良い仕事してますなぁ、素晴らしい〜〜!!
Commented by giovannibandw at 2018-10-10 15:14
ハナ母さん こんにちは。
人が作ったアミホオズキは知っていましたが、
虫が作った天然ものは初めて見ました。
ホオズキの名前の由来の一つに、
ホオという虫がつくからというのがあります。
ホオツキからホオズキになったというわけです。
ホオというのがホオズキカメムシの古称です。
ホオズキに専属のカメムシさんでしょう。
だから仕事がうまいのかな?
このことを記事の本文に書かなかったのは、
カメムシの画像がなかったからです。
Commented by いちご at 2018-10-11 09:56 x
虫さんが作った芸術ですね!!
素晴らしいです(^^)
中の実が透けて見えてとってもいい感じですよね!
繊細な網が本当に素晴らしいです!
Commented by giovannibandw at 2018-10-11 15:51
いちごさん こんにちは。
冬場なら、日干し状態の凍結と乾燥でも自然にできるようですが、
暖かい時期なので虫さんの仕事でしょう。
袋の食べられる部分は美味しくなっているんでしょうね。
虫がいるところも見てみたいです。
Commented by iwamoto at 2018-10-12 10:35 x
虫が作るのですか。
我が家も自然に出来るのを待つのですが、虫が作ってるとは思っていませんでした。
中から出られなくなった虫を見たことはありますが。
虫がいなくても出来ると思っています(笑) 経過を見てるので。
カメムシには他に食べるものがいくらでもあるのでは?
虫は万遍無く食べる必要がないですし。
Commented by giovannibandw at 2018-10-12 15:11
iwamotoさん こんにちは。
自然にできる場合と、虫が作るのと、2つの可能性があると思います。
あるいは、両方の相乗効果というケースも考えられます。
ここは道端の草むらと同等の環境なので、虫の可能性は否定できないと推測しました。
ある程度虫が食べて、自然にできるのをアシストしたのではないかと想像したのでした。
Commented by yuta at 2018-10-14 08:57 x
おはようございます
虫ほうずきはカメムシが作るのですね。
職人芸ですね。^~^
Commented by giovannibandw at 2018-10-14 10:29
yutaさん こんにちは。
貝原益軒が三百年前に、「大和本草」という本にこのことを書いています。
古くから知られていたことだったようですね。
<< 顔見立て物件入門 45 一次元劇場 >>


写真はイメージの多面体  身近なシーンの新たなインプレッション
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
顔見立て物件 55
at 2019-01-11 15:08
顔見立て物件 54 岩顔Ⅷ
at 2019-01-07 10:13
初日の出 2019
at 2019-01-01 19:49
顔見立て物件53 岩顔Ⅶ
at 2018-12-27 21:33
顔見立て物件52
at 2018-12-22 20:44
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧