写真散歩Ⅱ Photoing in neighborhood

カテゴリ:野鳥( 49 )

青空乱舞

うみねこが営巣を始めた頃、頭上で踊るように飛び回ったことがある。
その時の写真は、雛の観察と報告で出しそびれてしまっていた。
この躍動感と迫力は、現場で体験してみないと分からないかもしれない。
28ミリ相当の広角単焦点レンズで、ゲリラ的接近戦を試みた。

 
 
f0377679_21523337.jpg
 
 
f0377679_21525818.jpg
 
 
f0377679_21531525.jpg
 
 
f0377679_21533899.jpg
 
 
f0377679_21543632.jpg
 
 
f0377679_21550198.jpg
 
 
f0377679_21551907.jpg
 
 
f0377679_21553730.jpg
 
 
f0377679_21555880.jpg
 
 
f0377679_21561640.jpg
 
 
f0377679_21571859.jpg
 
 
f0377679_21573888.jpg
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 














[PR]
by giovannibandw | 2018-07-14 22:07 | 野鳥 | Comments(8)

ウミネコの雛 2018 ③ 飛翔開始

ウミネコの孵化が始まったのは5月下旬からなので、
早く生まれた子でもひと月とちょっとしか経っていない。
その先駆者たちが飛び始めた。
まだ低空飛行だけの段階で、見習い中といった感じだが、
飛ぶ姿は親鳥とほとんど変わらない。
 
 
f0377679_20501935.jpg
 
 
f0377679_20511955.jpg
 
 
f0377679_20520493.jpg
 
 
f0377679_20524966.jpg
 
 
f0377679_20534340.jpg
 
 
f0377679_20543462.jpg
 
 
f0377679_20550630.jpg
 
 
f0377679_20555986.jpg
 
 
f0377679_20573655.jpg
 
 
f0377679_20580987.jpg
 
 
f0377679_20585835.jpg
 
 
f0377679_20593509.jpg
 
 
f0377679_21000926.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 















[PR]
by giovannibandw | 2018-07-02 08:44 | 野鳥 | Comments(4)

ウミネコの雛 2018 ②

ウミネコの雛が孵化してから、2~3週間が過ぎた。
ごく一部にまだ卵のままのもあるが、概ね順調に生育しているようだ。
彼らは、生まれてからわずか45日で自立して親元を離れる。
これは驚異的なスピードだと実感する。
タケノコのようにすくすく育ち、あっという間に大空に飛び立つ。
今、その中間点にさしかかっているのだ。 
  
  
f0377679_21144714.jpg
 
 
f0377679_21151475.jpg
 
 
f0377679_21153756.jpg
 
 
f0377679_21155410.jpg
 
 
f0377679_21162333.jpg
 
 
f0377679_21164431.jpg
 
 
f0377679_21171107.jpg
 
 
f0377679_21173326.jpg
 
 
f0377679_21175122.jpg
 
 
f0377679_21181176.jpg
 
 
f0377679_21183366.jpg
 
 
f0377679_21185325.jpg
 
 
f0377679_21191304.jpg
 
 
f0377679_21194775.jpg
 
 
f0377679_21200840.jpg
 
 
f0377679_21202610.jpg
 
 
f0377679_21204548.jpg
 
 
f0377679_21210494.jpg
 
 
f0377679_21213212.jpg
 
 
f0377679_21215204.jpg
 
 
f0377679_21221311.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 























[PR]
by giovannibandw | 2018-06-11 22:22 | 野鳥 | Comments(12)

ウミネコの雛 2018

抱卵の間は、抱いている方の親鳥が動けないので威嚇して鳴くだけなのに対し、
もう一方の親は動けるので、見張りながら必要に応じていつでも攻撃できる体勢を整えている。 
 
f0377679_21161367.jpg
 
 
f0377679_21164401.jpg
 
 
卵から孵化する瞬間を捉えるのは、タイミングが難しいので無理だが、
殻を割り始めているのを見つけるのは比較的容易である。
これは中でクチバシが動いているのが確認できた。
 
 
f0377679_21170615.jpg
 
 
f0377679_21172288.jpg
 
 
f0377679_21174962.jpg
 
 
f0377679_21181046.jpg
 
 
f0377679_21183212.jpg
 
 
親鳥は、卵を温めた後は、こんどは雛を温めて保護しなければならない。
オス親とメス親は、抱卵と育雛を交代で行う。
抱かない方がヒナのための餌を獲りに出かける。
 
 
f0377679_21185270.jpg
 
 
f0377679_21191583.jpg
 
 
f0377679_21194032.jpg
 
 
f0377679_21200543.jpg
 
 
半径約1メートル以上だと、人に対して警戒しないでいてくれるが、
それ以下の距離に接近するとすぐに威嚇の鳴き声を出す。
基本的に、人に対してフレンドリーなのは、奇跡的に思えるほど不思議なことなのかもしれない。
  
 
f0377679_21202797.jpg
 
 
f0377679_21204804.jpg
 
 
f0377679_21211114.jpg
 
 
f0377679_21213479.jpg
 
 
f0377679_21215890.jpg
 
 
f0377679_21222695.jpg
 

島の頂上に建築中の神社の社殿は、うみねこが繁殖する3月から8月までの半年間は、
工事ができないので中止になっている。
つまり、1年の半分しか工事ができないことになる。
ここではうみねこが主役であり、いちばん偉いのだ。
 
  
f0377679_21225092.jpg
 
 
 
 
 
  
 
 
 

  
 
 

 
  





















[PR]
by giovannibandw | 2018-06-01 21:49 | 野鳥 | Comments(10)

うみねこの抱卵 2018

蕪島では、うみねこの抱卵と孵化が始まっていた。
見たところ、卵の数は1~3個で、それ以上の巣はなかった。
温める限度が3個なのかもしれない。
あるいは、育てられる雛の数が3匹までの可能性もある。
3月に3万羽がやってきて、夏には4万羽になって旅立つといわれるので、
孵化と生存率はそれなりということになる。
 
卵は巣の上にあるものは、姿勢を変えるために席を立った隙に撮らせてもらった。
何らかの理由で巣から出てしまった卵は、縄張りの外ということになり、無視される。
これは雛についても同様で、一度迷子になってしまったら最後、帰る場所も育ててくれる親もいなくなる。

f0377679_21041326.jpg
f0377679_21043667.jpg
f0377679_21050190.jpg
f0377679_21052317.jpg
f0377679_21054857.jpg
f0377679_21060988.jpg
f0377679_21063779.jpg
f0377679_21070043.jpg
f0377679_21073134.jpg
f0377679_21075210.jpg
f0377679_21081234.jpg
f0377679_21084120.jpg
f0377679_21090257.jpg
f0377679_21092789.jpg
f0377679_21095004.jpg
f0377679_21100984.jpg



















[PR]
by giovannibandw | 2018-05-31 21:26 | 野鳥 | Comments(12)

かもめが翔んだ日

ひと月ほど前に、カモメの一群と出逢った。
ユリカモメとかセグロカモメとかの「〇〇カモメ」ではなく、
「カモメ」という名前のカモメだった。
個人的には、小説・カモメのジョナサンのモデルと認識している。
頭上を旋回するように、あるいは乱舞するかのようにしばらく翔んでくれた。
まるで写真を撮ってくれと言わんばかりだった。 
懐へ飛び込むように、いっしょに踊るようにシャッターを切った。 
 
 
f0377679_20204053.jpg
 
 
f0377679_20211638.jpg
 
 
f0377679_20213989.jpg
 
 
f0377679_20220057.jpg
 
 
f0377679_20222034.jpg
 
 
f0377679_20224080.jpg
 
 
f0377679_20230167.jpg
 
 
f0377679_20232441.jpg
 
 
f0377679_20235166.jpg
 
 
f0377679_20241399.jpg
 
 
f0377679_20243544.jpg
 
 
f0377679_20245839.jpg
 
 
f0377679_20252531.jpg
 
 
f0377679_20255055.jpg
 
始めは青空だったが、しだいに雪がちらついてきた。
レンズにはよくないと思ったが、やめるつもりはなかった。
後で見ると、いい背景になっている。
 
最後に訊いてみた。
「どうして目の前を飛んでくれたのか?」
「お前が手に持っているパン切れが目当てに決まってるだろ。」
「そうか。それしかないよな。」
空中にいても、しっかりと地に足のついた考えを持っているようだ。
もちろん、契約はきちんと履行して帰った。

 
f0377679_20261105.jpg
 
 
f0377679_20263281.jpg
 
 
f0377679_20265143.jpg
 
 
f0377679_20271081.jpg
 
 
f0377679_20273926.jpg
 
 
f0377679_20280280.jpg
 
 
f0377679_20282513.jpg
 
 
f0377679_20284609.jpg
 
 
f0377679_20291082.jpg
 
 
f0377679_20293295.jpg
 
 
f0377679_20303281.jpg
 
 
f0377679_20305716.jpg
 
 
f0377679_20333714.jpg
 
 
f0377679_20340019.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 






 
 


























[PR]
by giovannibandw | 2018-04-25 21:02 | 野鳥 | Comments(10)

ラストフライト

まだシベリアへ帰っていない白鳥のペアが、最後に飛ぶ姿を見せてくれた。
雲一つない青空と、白い翼のコントラストが美しい。
カメラで追って連続的に撮影してみたら、その中の1枚にミラクルショットがあった。
まったくの偶然だが、これは一石二鳥か、はたまた一石三鳥か。
 
 
f0377679_22175295.jpg
 
 
f0377679_22181659.jpg
 
 
f0377679_22183983.jpg
 
 
f0377679_22190213.jpg
 
 
f0377679_22192364.jpg
 
 
f0377679_22194749.jpg
 
 
f0377679_22200840.jpg
 
 
f0377679_22203103.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

  










[PR]
by giovannibandw | 2018-03-20 22:37 | 野鳥 | Comments(8)

白鳥のデモフライト

3月は越冬した白鳥がシベリアへ帰る時期だ。
いなくなる前に飛翔シーンは何とか確保しておきたいと思った。
今年の冬は寒かったので、池の水が凍りついて食べるものがなく、
食べ物を探しにあちこちに出かけていることが多かった。
そのため、逢いに行っても留守だったりすることがあった。
今年の飛翔する姿は貴重である。
 
先ずは時計回りから。
 
 
f0377679_21105217.jpg
 
 
f0377679_21112623.jpg
 
 
f0377679_21115419.jpg
 
 
f0377679_21121569.jpg
 
 
次は反対回り。
こうして池の周りを旋回してから遠くへ行ってくれるのはサービスだったのだろうか。
 
 
f0377679_21123539.jpg
 
 
f0377679_21130067.jpg
 
 
f0377679_21132862.jpg
 
 
f0377679_21134575.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
  











[PR]
by giovannibandw | 2018-03-16 21:17 | 野鳥 | Comments(10)

白鳥の行列

白鳥や鴨たちがいる池では、全面に氷が張って、
泳いだり水に浮かんだりできない状況になっていた。
西岸に集まっていた鳥たちは、反対側の東岸に移動しようとしていた。
彼らの移動方法は、泳ぐ、飛ぶ、歩くの三つがある。
100メートル以上の距離を歩いて移動するのは滅多に見る機会がない。
しかも一列に行列を組んで歩くのは珍しく、面白いと思った。
 
 
f0377679_19520937.jpg
 
 
f0377679_19523223.jpg
 
 
f0377679_19525023.jpg
 
 
f0377679_19531302.jpg
 

  
白鳥たちが歩いているのを見ていた鴨たちも、
後に続いて歩き始めた。
 
 
f0377679_19571256.jpg
 
 
f0377679_19573744.jpg
 

 
カモに付き添うように歩く白鳥が、幼稚園児を引率する先生のように見えた。
 
  
f0377679_19575632.jpg
 
 
f0377679_19581605.jpg
 
 
f0377679_19583367.jpg
 
 
 
 
 
  
 











[PR]
by giovannibandw | 2018-02-23 20:05 | 野鳥 | Comments(8)

ふくら雀

ふくら雀とは、冬の寒さに全身の羽毛をふくらませている雀のことをいうそうだ。
雀が夏にスリムで冬に丸くなるのは知っていたが、呼び名があることは知らなかった。
いちごさんのブログで紹介されているのを見て、初めて名前を理解した。
着物の帯の結び方や、女の子の髪型の名前にもなっているという。
そこで、雀を探して検証してみることにしよう。 
 
 
f0377679_20012281.jpg
 
 
f0377679_20014559.jpg
 
 
f0377679_20020462.jpg
 
 
f0377679_20022268.jpg
 
 
f0377679_20023972.jpg
 
 
f0377679_20025681.jpg
 
 
f0377679_20031316.jpg
 
 
f0377679_20033259.jpg
 
 
f0377679_20034970.jpg
 
 
f0377679_20040951.jpg
 
 
確かにふっくらとしているのはわかるけれども、夏と比べて見ないとどれだけ差があるのかは実感できないだろう。
夏場の雀の写真のストックを探してみたが、留まっているものはなかった。
飛んでいる状態でも、ないよりは参考になるかもしれないので載せてみる。
 
 
f0377679_21082854.jpg
 
 
f0377679_21085655.jpg

 
 
  
 
 
 











 
 


[PR]
by giovannibandw | 2018-01-22 21:11 | 野鳥 | Comments(12)


写真はイメージの多面体  身近なシーンの新たなインプレッション

by Lucian
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
iwamotoさん こ..
by giovannibandw at 20:49
1枚目は撮ったことがあり..
by iwamoto at 16:33
paoままさん こんばん..
by giovannibandw at 21:46
こんばんは、ご無沙汰して..
by paoまま at 21:18
いちごさん こんばんは。..
by giovannibandw at 19:51
こんにちは。 なんてき..
by いちご at 13:47
iwamotoさん こ..
by giovannibandw at 11:17
yutaさん こんに..
by giovannibandw at 11:11
28mmなら、触れるくら..
by iwamoto at 08:01
おはようございます 写..
by yuta at 07:42
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
顔見立て物件 34
at 2018-07-19 22:44
青空乱舞
at 2018-07-14 22:07
岩に咲く百合 2018
at 2018-07-05 21:59
ウミネコの雛 2018 ③ ..
at 2018-07-02 08:44
顔見立て物件33
at 2018-06-27 22:07
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧