写真散歩Ⅱ Photoing in neighborhood

<   2017年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

今年の飛び納め

一年の締めくくりは、酉年にちなんで鳥の飛ぶ姿で締めてみたい。
今回は、1羽のカルガモを追尾しながら連写したのではなく、
ワンショットごと違う個体を別々に写したものである。
(画像はクリックで拡大し、さらに右下の+マークをクリックすると等倍に拡大)
 
 
f0377679_21522063.jpg
 
 
f0377679_21530271.jpg
 
 
f0377679_21532194.jpg
 
 
f0377679_21533938.jpg
 
 
f0377679_21535628.jpg
 
 
オナガガモ君は友情出演。
 
f0377679_21541656.jpg
 
 
f0377679_21543674.jpg
 
 
  
 
  
 
 
 
 









[PR]
by giovannibandw | 2017-12-28 22:12 | 野鳥 | Comments(17)

白黒をつける

川岸の水溜りで、鳥たちが水を飲もうとしていた。 
白い鳥と黒い鳥が、最初は仲良く飲んでいたが…。 
 

f0377679_22343175.jpg
 
 
f0377679_22345709.jpg
 
 
白い大きな鳥は、黒い鳥がお気に召さないようで、
独り占めするために威嚇して追い出そうとし始めた。
 
f0377679_22352932.jpg
 
 
f0377679_22355729.jpg
 
 
f0377679_22362333.jpg
 
 
黒い方は全く意に介さず淡々と水を飲もうとしている。
やがて白いほうは諦めて立ち去って行った。
黒の賢さが際立つシーンだった。元々は彼らの縄張りだったのだ。

 
f0377679_22373211.jpg
 
 
f0377679_22375561.jpg
 
 
 
 
 
 
  

 
 
 
 
 










[PR]
by giovannibandw | 2017-12-25 22:58 | 野鳥 | Comments(8)

オナガガモの飛翔

オナガガモは、冬鳥として本州以南の日本に飛来してくる。
ロシアとアラスカからだが、確率的には面積比の大きいロシアだろう。
デモフライトするかのように目の前を旋回して飛んでくれた。
タイミングがよかったので連続的にカメラに収めることができた。
ちなみに、この一群の中にメスは一羽しかいない。
 
 
f0377679_19495377.jpg
 
 
f0377679_19501974.jpg
 
 
f0377679_19503835.jpg
 
 
f0377679_19510083.jpg
 
 
f0377679_19512242.jpg
 
 
f0377679_19514933.jpg
 
 
f0377679_19520900.jpg
 
 
f0377679_19523122.jpg
 
 
f0377679_19525177.jpg
 
 
f0377679_19531193.jpg
 
 
f0377679_19533457.jpg
 
 
f0377679_19535667.jpg
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
  
 
















[PR]
by giovannibandw | 2017-12-21 21:32 | 野鳥 | Comments(12)

熱湯風呂

昔テレビで、50℃の熱湯の湯船に入って我慢するというのがあった。
入っている時間だけ宣伝ができる熱湯CMや、罰ゲームとして放り込まれるものもあった。
50℃は想像しただけでも熱そうだが、
42~43度の入浴と40度以下の入浴例を比較すると、
たった3度の違いで前者の突然死率が10倍になるという。
45度になるとレッドゾーンで、失神の可能性が高まるそうだ。
 
地元にあるラドン温泉も熱い温度で有名で、
熱くて入れない人と平気な人と二極化している。
湯船の温度は平均して46~48℃になっている。
ここの常連たちはこれに平気で首まで浸かっている。
私もその一人だが、あまり熱いと感じないどころか、
今日は少しぬるいのではないか?と感じたりすることもある。
低体温なのか、鈍感なのか、あるいは慣れなのかわからない。
 
 
f0377679_21264381.jpg


[PR]
by giovannibandw | 2017-12-17 21:34 | 未分類 | Comments(8)

プチ紅葉(追記あり)

イロハモミジ(イロハカエデ)の鉢植えが紅葉していた。
カエデの種類を確かめたわけではないものの、葉の形とサイズからの同定である。
今年は紅葉を見に出かける機会がなかったので、これでちょっと楽しめそうだ。
 
 
f0377679_21064582.jpg
 
 
f0377679_21070953.jpg
 
 
f0377679_21073443.jpg
 
 
追記(12/16):
1週間後、葉は全部赤くなった後に茶色に変わり、枯れかけてきている。
年内は葉が残っているかもしれないし、あるいは落ちてしまうかもしれない。
どちらに賭けるか、また楽しみが増えた。
  
f0377679_20522365.jpg
f0377679_20524328.jpg


 
 
 
 
 
 
 
 





[PR]
by giovannibandw | 2017-12-10 21:15 | 草花 | Comments(12)

顔見立て物件入門20

顔見立て写真は、なぜか皆ひょうきん者に見えてくる。
見る側の意識に原因があるのか、それともそうなっている被写体を選んでいるのか。
発見して擬人化するプロセスの中で、
ちょっと笑える面白さを願望として指向しているのかもしれない。
気分がポジティブでないと見つかりにくいので、これも一つのシンクロニシティといえる。
そうすると、「顔」たちは小さな福の神ということになる。
皆さん、見て御利益をどうぞ(笑)
 
 
 
f0377679_21363262.jpg
 
 
f0377679_21365226.jpg
 
 
f0377679_21371250.jpg
 
 
f0377679_21373180.jpg
 
 
f0377679_21375492.jpg

f0377679_21394975.jpg

f0377679_21401397.jpg

f0377679_21403396.jpg

f0377679_21405688.jpg

f0377679_21411745.jpg

f0377679_21414058.jpg








 
 







[PR]
by giovannibandw | 2017-12-05 22:34 | スナップ | Comments(8)

アイスプレート Lids of the thin ice

雨や雪が融けてできた水溜りが、夜中に凍ることがある。
ゆっくり凍結する時は、表面が凍っているうちに下の水が土に浸み込んでなくなってしまう。
そうすると、薄い板ガラスをはめ込んだかのようにも見えた。
 
 
f0377679_09012874.jpg
 
 
f0377679_09020955.jpg
 
 
f0377679_09022765.jpg
 
 
f0377679_09024596.jpg
 
 
f0377679_09030494.jpg
 
 
 
  

  
 
 
 






[PR]
by giovannibandw | 2017-12-03 16:43 | スナップ | Comments(8)


写真はイメージの多面体  身近なシーンの新たなインプレッション

by Lucian
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
iwamotoさん こ..
by giovannibandw at 15:16
6月になろうというのに、..
by iwamoto at 11:37
いちごさん こんにちは。..
by giovannibandw at 15:22
iwamotoさん こん..
by giovannibandw at 15:18
ninjaさん こんに..
by giovannibandw at 15:13
こんにちは。 時期がこ..
by いちご at 14:21
JJJ、これはビックリ。..
by iwamoto at 23:14
>>これほどの違いがある..
by ninja2005y at 22:18
いちごさん こんにちは。..
by giovannibandw at 15:20
亀三郎さん こんにちは..
by giovannibandw at 15:17
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
庭に咲く花2
at 2018-05-24 20:23
庭に咲く花
at 2018-05-22 21:58
顔見立て物件入門30
at 2018-05-17 10:25
砂紋
at 2018-05-14 19:58
藪川
at 2018-05-09 21:38
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧