写真散歩Ⅱ Photoing in neighborhood

<   2018年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

天然つらら

海岸の垂直な崖に、つららが大きく成長していた。
地下水脈から流れ出る水が凍ってできたものだ。
気温が低いとその分だけ大きくなる。
高さは推定で最大5メートル。幅は20メートルくらい。
一番奥まで行くと、後述するが、ちょっとしたサプライズがあった。
 
 
f0377679_19595182.jpg
 
 
f0377679_20004385.jpg
 
 
f0377679_20010422.jpg
 
 
f0377679_20012510.jpg
 
 
f0377679_20014177.jpg
 
 
f0377679_20015940.jpg
 
f0377679_20041587.jpg
 

f0377679_20043848.jpg
 
f0377679_20045608.jpg
 
f0377679_20051472.jpg
 
f0377679_20053310.jpg
 
f0377679_20055414.jpg

シュリンプのような形もあった。
    
f0377679_20064598.jpg
 
f0377679_20070428.jpg
 
f0377679_20072343.jpg

 
最奥部のつららの上には、ふきのとうが芽を出していた。
こちらでは早くても2月末か3月が標準である。
地下水脈は地中を流れている間は温かいので、その影響だろうか。
 
f0377679_20074792.jpg
 
 

f0377679_20080891.jpg












 
 








[PR]
by giovannibandw | 2018-01-30 20:35 | 風景 | Comments(12)

寒中サーフィン

気温は0℃くらい。雪が降った後で、まだチラついている夕方だった。
海水浴場の砂浜に行ってみると、サーファーたちが波と戯れていた。
いつもどうしても頭から離れない疑問が、寒くないのか?ということ。
寒がりにとっては信じられないことなのだ。
 
バイクで走る方がまだましかもしれないなどと想像してみる。
訊いてみると、水の中はそれほどでもなく、陸に上がった時のほうが寒いとのこと。
それほどでもないという水の中がどれだけ寒いのかはまったくわからないのだった。
 
最近は、冬用のウエットスーツや防寒インナーの性能が進化しているので、
昔とは違うようだ。
それでも見た目のイメージは昔のままだったので、寒そうな印象は変わらない。
 
 
f0377679_20063879.jpg
 
 
f0377679_20065748.jpg
 
 
f0377679_20073684.jpg
 
 
f0377679_20075610.jpg
 
 
f0377679_20082194.jpg
 
 
f0377679_20083951.jpg
 
 
f0377679_20085704.jpg
 
 
f0377679_20092063.jpg
 
 
f0377679_20094149.jpg
 
 
f0377679_20100240.jpg
 
  
1/21追記:シベリアのオイミャコンでマイナス60度の寒さの中、川で水浴びしたという日本人の動画が公開されていた。
     これはもう別格だが。 
 https://youtu.be/l7sikNiPM9I 


 
 
 
 

 
 











[PR]
by giovannibandw | 2018-01-24 20:31 | スナップ | Comments(12)

ふくら雀

ふくら雀とは、冬の寒さに全身の羽毛をふくらませている雀のことをいうそうだ。
雀が夏にスリムで冬に丸くなるのは知っていたが、呼び名があることは知らなかった。
いちごさんのブログで紹介されているのを見て、初めて名前を理解した。
着物の帯の結び方や、女の子の髪型の名前にもなっているという。
そこで、雀を探して検証してみることにしよう。 
 
 
f0377679_20012281.jpg
 
 
f0377679_20014559.jpg
 
 
f0377679_20020462.jpg
 
 
f0377679_20022268.jpg
 
 
f0377679_20023972.jpg
 
 
f0377679_20025681.jpg
 
 
f0377679_20031316.jpg
 
 
f0377679_20033259.jpg
 
 
f0377679_20034970.jpg
 
 
f0377679_20040951.jpg
 
 
確かにふっくらとしているのはわかるけれども、夏と比べて見ないとどれだけ差があるのかは実感できないだろう。
夏場の雀の写真のストックを探してみたが、留まっているものはなかった。
飛んでいる状態でも、ないよりは参考になるかもしれないので載せてみる。
 
 
f0377679_21082854.jpg
 
 
f0377679_21085655.jpg

 
 
  
 
 
 











 
 


[PR]
by giovannibandw | 2018-01-22 21:11 | 野鳥 | Comments(12)

砂上のオブジェ

砂浜に打ち寄せられた流木をウォッチングしてみた。
流木アートというジャンルがあるそうで、その素材になりそうなものもある。
でも、そのまま眺めても独特の味わいがある。 
 
f0377679_21222935.jpg
f0377679_21225323.jpg

f0377679_21245979.jpg
f0377679_21265427.jpg
f0377679_21272050.jpg
 
 
f0377679_21275115.jpg
 
 
f0377679_21281238.jpg
 
 
f0377679_21283475.jpg
 
 

f0377679_21293232.jpg
 
 
f0377679_21295941.jpg
 
 
f0377679_21302069.jpg
 
 
f0377679_21303918.jpg
 
 
f0377679_21310220.jpg
 
 
f0377679_21312262.jpg
 
 
f0377679_21314461.jpg
 
 
f0377679_21320860.jpg
 
 
f0377679_21322695.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  

  
 















 
 



[PR]
by giovannibandw | 2018-01-19 21:37 | スナップ | Comments(8)

顔見立て物件入門22

テーマ別に分類するほどの数がないので、
撮影順に並べてみることにした。
最初は軽くて軟らかいものから…。
  
 
f0377679_21212114.jpg
 
 
f0377679_21214581.jpg
 
 
f0377679_21220506.jpg
 
 
f0377679_21222763.jpg
 
 
f0377679_21224345.jpg
 
 
f0377679_21230224.jpg
 
 
f0377679_21231998.jpg
 
 
f0377679_21233881.jpg
 
 
f0377679_21235628.jpg
 
 
f0377679_21241549.jpg
 
 
f0377679_21243227.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 













[PR]
by giovannibandw | 2018-01-13 21:28 | スナップ | Comments(8)

顔見立て物件入門21

今年最初の顔はメタル系が集まった。
戌年の戌は、陰陽五行説では「土」に当たる。
土生金で、土は金(金属)を生ずるので相性がよいとされる。
しかも今年は、戊戌年で、戊も「土」である。
ダブルで土なのでメタル系の仕事は吉ともいえる。 
 
 
f0377679_15091727.jpg
 
 
f0377679_15093594.jpg
 
 
f0377679_15113042.jpg
 
 
f0377679_15122341.jpg
 
 
f0377679_15134776.jpg
 
 
f0377679_15140615.jpg
 
 
f0377679_15142881.jpg
 
f0377679_15144819.jpg
 
f0377679_15163448.jpg
 
 
f0377679_15171889.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
  
 
 


 
 









 
 



[PR]
by giovannibandw | 2018-01-09 22:36 | スナップ | Comments(8)

建築現場のとび職は、建方の時に梁から梁へ文字通り飛んだのが由来だという。
確かに鳥の鳶に見立てるほど身軽で、軽快に動き回る。
昔は命綱なしで高所作業をやっていたようだ。
東京タワーやエンパイアステートビルの組み立ても命綱は使っていない。
高所恐怖症の人には想像すらできないことだろう。
そのモデルである野鳥の鳶も、飛ぶ姿は優雅だ。
ゆっくり飛んでくれるので、初心者の流し撮りの練習にはぴったりだといえる。
 
f0377679_16342074.jpg
 
 
f0377679_16343869.jpg
 
 
f0377679_16353090.jpg
 
 
f0377679_16354723.jpg
 
 
f0377679_16360667.jpg
 
飛びながら足でつかんだパンを食べているところ。
こういう器用なことができる鳥はほかにいないのではないか。
 
f0377679_16371103.jpg
 
 
f0377679_16373215.jpg
 
 
f0377679_16375293.jpg
 
 
f0377679_16381243.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 










[PR]
by giovannibandw | 2018-01-05 21:38 | 野鳥 | Comments(10)

虹の袂 The foot of the rainbow

虹のたもとには宝があるそうだが、誰も行くことができないだろう。
近づいても虹は同じように遠ざかって行くか、消えてしまうからだ。
でも例外はある。
自分以外の誰かに行ってもらうことだ。
少なくとも画像では実現可能なのである。
 
 
f0377679_12505871.jpg
 
 
f0377679_12512374.jpg
 
 
f0377679_12515260.jpg
 
 
f0377679_12522141.jpg
 
 
船が接近中。
船から見た虹も遠くに見えるのだろうか。
 
f0377679_12525236.jpg
 
 
虹の袂を通過中。
 
f0377679_12532189.jpg
 
 
通り過ぎた。無事だったようだ。
 
f0377679_12534490.jpg
 
 
その後、別のボートが少し手前を通り抜けていった。
宝は水平線の向こう側に沈んでいるのかもしれない。
 
f0377679_12540406.jpg
 
 
f0377679_12543100.jpg
 
 
f0377679_12544871.jpg
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 

 
 












[PR]
by giovannibandw | 2018-01-01 19:12 | 風景 | Comments(10)


写真はイメージの多面体  身近なシーンの新たなインプレッション

by Lucian
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
いちごさん こんばんは。..
by giovannibandw at 19:04
こんにちは。 10枚目..
by いちご at 13:34
iwamotoさん こん..
by giovannibandw at 16:26
好みなら、5枚目と最後で..
by iwamoto at 23:17
yutaさん こんにちは..
by giovannibandw at 10:29
おはようございます 虫..
by yuta at 08:57
iwamotoさん こん..
by giovannibandw at 15:11
虫が作るのですか。 我..
by iwamoto at 10:35
いちごさん こんにちは。..
by giovannibandw at 15:51
虫さんが作った芸術ですね..
by いちご at 09:56
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
顔見立て物件入門 45
at 2018-10-15 22:37
虫鬼灯
at 2018-10-09 21:45
一次元劇場
at 2018-10-02 19:10
おぼろ月夜
at 2018-09-24 22:50
顔見立て物件 44
at 2018-09-18 20:14
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧